資産運用|将来不安を解決するための資産運用に関する情報サイト

資産運用|初めての資産運用・将来不安の解決・老後資金準備は FSP へご相談ください

情報発信サイト「ら・ぽ~るマガジン」
画像の説明

私達FSPは、これからの格差社会をどう生き抜くかを一緒に考えていくことを使命(ミッション)としています。一人でも多くの方が、約200万人と言われる老後破綻から経済的に自立していただくための有益な情報を提供することを、私達の責務と考えます。

「勝つ」投資の“とびら”投資はマーケットとの対話が重要!!

経済情報誌「ら・ぽ~るマガジン」第248号(2017.3.20)

     1,今週の重要指標&予定
     2,わかりやすい経済のはなし
       ○ 今マーケットでなにが起こっているのか
          ・FOMC政策をマーケットが消化中
          ・今年のマーケット見通しの修正
     3,いま話題のニュースの裏側
          ・いま日本で起きている問題を整理しましょう...
     4,絶対に“億り人"になる!!
          ・ネット動画でのFX個人投資家
          ・長期時間足の活用が大事
     5,よもやま話~近況

メディア記事掲載情報

「Money Voice」に記事が掲載されました(掲載時期が新しい順))

今、日本の政治・経済はどこまで「日本会議の思うがまま」に進んでいるか?
なぜ「女の敵」ドナルド・トランプは米新大統領の座をモノにできたのか?
トランプ・リスクは遠のいたのか? 米大統領選のポイントと「円高の賞味期限」
海外勢は避難完了? アベノミクス「賞味期限切れ」露呈で1ドル90円割れへ
バーナンキの実験場になる日本 デフレ特効薬「ヘリマネ」の副作用とは?
決して荒唐無稽ではない「東京オリンピック中止」の噂、7つのシナリオ
米大統領選 極右トランプと社会主義者サンダースが示す“アメリカの歪み”
「北朝鮮の脅威」は八百長芝居。アメリカの台所事情に翻弄される日本
衆参同日選挙で株価も上昇?「やらない理由がない」マスコミ関係者の証言
国民不在の「自公プロレス」消費税10%と軽減税率で得をするのは誰か?
「郵政3社は最強の仕手株だ」ある情報筋との会食、本尊は日本政府?
横浜マンションはなぜ傾いたのか?手抜きや改ざん「よくある」の衝撃
マイナンバー還付案を読売が叩く理由「それじゃ新聞が売れんだろ!」
米中のシナリオどおりだった「チャイナショック」すべては利上げのための出来レース?
海外ファンド、目指すは日経4万円。そんな大相場で個人が勝ち逃げするたった1つの方法
あなたを監視する12ケタ。「マイナンバー制度」がもたらす便利で窮屈な生活
【東京五輪】2520億円「新国立競技場」ってどんな利権なの?総工費が“金メダル級”になる理由

「マネーの達人」投稿記事(随時更新:記事は新しい順))

「あら。トランプ大統領で経済いいじゃない」…って、まだ何もしてませんからっ。これから起きるトランプリスクをお話します。
米国大統領選による日本経済や株価への影響は? どっちが当選しても日本には同じ試練が待ち受けている
日露北方領土問題「進展」で日本経済にも影響 大統領選後のアメリカとの関わり方も変わってくる
「小池百合子 新都知事」誕生で沸き立つ「電線地中化」と「関連銘柄」
三菱東京UFJ銀行が、もう国債を買わないって本当?
「金持ち脳」を鍛えよう 「ドリーム・キラー」を排除し、「ドリーム・サポーター」を引き寄せろ
日本は私たちの「年金保険料」と「預貯金」で支えている
安倍総理大臣の対話から「一億総活躍社会」について考える
【読者の質問に回答】 教員は個人事業主になるべきか
日本は今なにをしようとしているのか 「イノベーション」なければ未来はない
格差の本質を考える
米大統領予備選挙から見える「格差」の受け止め方
相場が落ち着かない時こそ、マーケットには長く居ずにこまめに利益確定を
中東問題、その深層は… これからの世界経済を考える
原油価格下落の裏事情
TPPで日本の医療はこう変わる 混合診療の解禁と医療格差の拡大
地方銀行の再編が加速 地方疲弊、日銀の国債買い入れ、金融庁の思惑が交錯
TPP大筋合意、これからの日本社会(雇用)はこう変わる
お金に好かれる人になろう‼︎ 私が会った投資成功者の2つの共通点
インフレの先に待ち受けている社会とは 格差社会と求められる「運用」


HOT!!生活密着情報

画像の説明

「時事」編

「マネー」編

知識の広場

初心者のための資産運用

老後資金準備

ライフプラン・コラム

画像の説明

人生最大のリスクは、リスクを取らないこと

あるセミナーでのフレーズです。始めなければ何も生まれない、動かなければ現状は変えられない。当たり前のことですが、なぜかそれができないようです。リスクを恐れて、ただ立ち尽くすだけなら、それは何もしていないことと同じで、結局は、物事をあきらめたことに等しいのです。何もしないと宣言して何もしない人と、頑張るといって何もしない人は、結果は何もしないことで言うと、全く同じですが、後者の方が圧倒的にたちが悪いです。何の改善策も見いだせないからです。助けることができない、解決してあげることができないからです。
言い訳をする人に成功はないという表現もありました。行動の結果を常に人のせい、環境のせい、時代のせいにする人は、永遠に成功しないそうです。

どの言葉も頭の痛いものばかりです。

私は、セミナーでよく、運用に関しての動機づけで、何もしない、運用をただただ拒否している人は、老後をあきらめたのと等しいと表現します。運用だけが老後を救う手段ではないのでしょうが、今の私には、老後を守る手段として、運用以外には思いつかないのです。

成功を阻む3つの言葉が「お金がない」「時間がない」「自信がない」だそうです。

また、結果を出す人とは、自分を無理やり、やらざるを得ない環境に追い込む人、あるいは、切羽詰って、やらざるを得ない人のことだそうで、自分のペースでやるという人は、絶対に結果は出ないそうです。

あとこんなセリフもありました。

チャンスは、自分の都合では訪れない。まったくその通りですね...

今までの「ライフプラン・コラム」
    〇 老後貧乏、老後破産、老後難民が社会問題に…
    〇 老後資金準備を強くイメージしましょう...
    ○ インフレになると貯蓄よりも投資!!
    ○ 老後に対する考え方、それでいいですか...
    〇 社会保障制度の在り方が審議されます...
    〇 日本の財政不安は、私たちの生活にも大きな影響が…
                          その他一覧

*CFP®、CERTIFIED FINANCIAL PLANNER®、およびサーティファイド ファイナンシャル プランナー®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional