資産運用|将来不安を解決するための資産運用に関する情報サイト

「投資の考え方」の部屋|初めての資産運用・将来不安の解決・老後資金準備は FSP へご相談ください

FrontPage

「投資の考え方」の部屋

画像の説明

この部屋では、投資で勝つための心構え、勝つ投資家になる考え方を並べています。

常識にしばられて見落とす重要なこと、そもそも世間の常識は正しいのか...
常識と言われていることを検証する姿勢を持つことから、新しい価値が見出せると思っています。

すべての考え方をフラットにして、客観的に投資を見つめる部屋です。


投資とはなにか

「資産運用」と「投資」の違いはなに?

「資産運用」は元本は守られるイメージがあり、「投資」は危険というイメージがあるようですが、どちらも「リスク」があることは同じです。

貯蓄と投資の違いを考えよう 

投資と貯蓄、本来比べること自体がナンセンスなものです。貯蓄と投資はその役目が異なるもので、同じ土俵で語るものではありません。

「投資」と「トレード」は違う

「投資」と「トレード」、この両方を同じレベルで捉えている人が多いようです。この両者は、マーケットの見方も、マーケットの考え方も全く異なります。

投資の考え方を見直そう

「持ちっぱなし長期投資」では勝てない

長期投資は、今投資を始めて60歳までそのまま放置という投資手法ではありません。

女性向け投資、高齢者向け投資ってなに?

投資に年齢や性別は関係ありません。女性向けの運用とか、高齢者向けの運用とかはなく、投資のありかたはマーケットが決めるのです。

投資を心から必要と思うことが大事

投資はしたい、資産運用は必要と思ってはいるのですがどうも踏み込めない、いざとなると躊躇してしまう…そういう方は多いようです。

目的意識の有無が投資の成否を左右する

なによりも投資において重要なのは、投資を本当に必要と思うこと、投資を行う目的をしっかりと納得することなのです。

銀行に預けていても増えないから運用する...はまちがい!!

でもこの考えで投資の世界に入ってきた人は、おおかた運用には失敗していると思われます

運用では世の中絶不調のときがチャンスなのです…

世の中が明るくウキウキした状態で、何となくみんながハッピーな雰囲気の時に、多くの人は資産運用を始めようとします。雰囲気だけで儲かる気分になるのでしょうね。ところが運用の世界では、これは間違った選択になります。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional