資産運用|資産運用セミナー・資産運用アドバイス・老後資金準備

「確定拠出年金運用」の部屋|老後資金準備セミナー・ライフプランセミナー・老後資金準備は FSP へご相談ください

FrontPage

「確定拠出年金運用」の部屋

FP “Sheel” PROJECT(FSP) ~確定拠出年金継続教育セミナー

確定拠出年金制度での運用とは、拠出金を元本確保型でない商品に振り分けることです

元本確保型でない商品とは、主に投資信託です。投資信託は「安値」で買って「高値」で売る商品です。投資信託の基準価格が下がっているときに買い、上昇していったときに売ることで、収益を得るのです。

つまり、買ったときよりも値段が上がる環境で有益な商品です。

元本確保型でない商品の主なものは投資信託です

株式投資信託は「安値で買って高値で売る」ことで利益を得る商品です。

退職金としての確定拠出年金

退職金の考え方・・・退職金はいくら必要!?

確定拠出年金での運用は、毎月積立投資が基本です

☞毎月一定額を積立運用するシステムとなっていて、ドルコスト平均法を基本としています。

☞ドルコスト平均法

将来の値動きは予想するのは難しい。そこで、一定の間隔で一定の金額を継続的に投資することで、価格が高いときには購入数量が少なく、逆に低いときには多くなるようにすることで、毎回一定量を購入するよりも平均取得価格を低く抑えることができるという、投資時期の分散です。これを「ドルコスト平均法」と言います。

具体的な効果は → 

長期投資は「持ちっぱなし」という意味ではない

長期投資はリスク軽減の万能薬ではない。分散投資はあくまでもリスク分散のための手法であって大きなリターンを得る手法ではない。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional