資産運用|資産運用セミナー・資産運用アドバイス・老後資金準備

資産運用|老後資金準備セミナー・ライフプランセミナー・老後資金準備は FSP へご相談ください

FrontPage

今までの「ライフプラン・コラム」

現実を直視しよう...

は見たくないものは見ない、自分の都合のいいところしか見ない、自分の都合のいいように物事を解釈するという傾向にあります。

しっかりと現実を見つめる勇気は、絶対に必要です。今を客観的に分析できないと、より良い解決策は見いだでません。いかに分析力が客観的で、そしていかに正確であるかが需要です。

どう考えても、老後が安泰というバラ色のシミュレーションは描けません。年金制度は安泰とはだれも思えないでしょうし、なくならないと思いたい気持ちで、未来予想図を描くのは危険です。

今日の朝の政党討論会で、橋下日本維新の会代表代行は、値人支給年齢の繰り上げ、給付額の減額、保険料の値上げを訴えていました。今の制度でやっていけると主張している政党もありましたが、どれだけ消費税率を引き上げなければならないのでしょうか。

どうやって老後の収入を確保すべきか、真剣に考える必要があります。確かに65歳までは再雇用する義務を企業に課していますが、誰でもかれでも、能力があれば必要とされていれば、再雇用の道も開けるるでしょうが、これからは人も完全に差別化されます。必要とされる能力があるかどうかは重要です。機械に、パソコンに、若い者に取って代われるようでは再雇用は難しいでしょう。

年齢に関係なく収入を得るには、どう考えても投資しか考えられません。株式投資、為替投資、不動産投資など、資金を投じて、収益を得る手段しか思いつきません。投資は年齢が関係なく、どんな環境でも行うことができます。

豊かな老後づくりの処方箋がないのも現状です。ウルトラCなんてないですからね。貯蓄だけで、老後生活準備は厳しいでしょう。

今から投資資金を準備して、投資手法を学んで、練習を積み重ねていこうと思っています。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional