資産運用|資産運用セミナー・資産運用アドバイス・老後資金準備

資産運用|老後資金準備セミナー・ライフプランセミナー・老後資金準備は FSP へご相談ください

FrontPage

今までの「ライフプラン・コラム」

保険見直しも必要ですが、行き着くところは貯蓄と運用ですね...

収入が増えない、あるいは収入が減る中で支出が増える状況にあるときの、家計改善の処方箋はあるのでしょうか。はっきりと言って厳しいですね。家計簿チャックで支出を見直しても、せいぜい数千円が削減できるぐらいです。しかし、それでもやらないよりかは、数千円でも減らした方がいいですね。

よく生命保険を見直すことを勧められますが、当然見直しは必要です。月額保険料を家族全員で10,000円以内に抑えたいです。お勤めの方でしたら、会社の団体生命保険を活用するとか、共済保険を利用するとか、ネットで、保険料の安い会社にするのも良いでしょう。生命保険は死亡保障に備えるものですから、死亡が確認されれば必ず保険金は支払われます。保険料の安いところを探すようにしましょう。

保険料を下げるには、死亡保障額を減らす、保障期間を短くすることで実現できます。必要だという概念で保険と向き合えば、いくらでも積算されますが、必要でないという概念で向き合えば、削減はできます。給与天引きとなっている社会保険料も保険料です。遺族年金が支給されるはずです。

ここまでして、それでも家計の収支が改善されないとなると、これは本当に厳しいですね。資産があればそれを売却するとか、賃貸でも、より安い賃料のところに引っ越すとか、配偶者の労働に頼るとか、考えられることをとにかく行うしかないですね。カードローンなどは、一時的には良いですが、その後の返済がついて回ります。まだ親から借金した方がいいですが、現実はそうもいかないでしょう。

これから、このような事例は増えてくると思われます。その時の処方箋は、これと言ったものはないですね。それが現実なのかもしれません。アドバイスは、そうならないようにするために、事前に準備しておくしか、いざという時の回避の方法はありません。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional