資産運用|資産運用セミナー・資産運用アドバイス・老後資金準備

資産運用|老後資金準備セミナー・ライフプランセミナー・老後資金準備は FSP へご相談ください

FrontPage

今までの「ライフプラン・コラム」

身近な方の相続・贈与のお話し...

相続の話って、特別な人のためにあるかと思っていたら、意外と身近にいくらでもあるものです。相続だけでなく贈与も絡んでくるもので、お金持ちだけの話ではなさそうです。

最近知り合ったPTAのお母さんですが、土地はその方の母親名義で、建物が、お兄さんとその方と半分ずつになっているそうです。現状は、知り合いのPTAのお母さん夫婦が住んでいて、御兄さんは他府県に所帯を構えているそうです。

その方のお母様の言うには、自分が生きている間に、建物の名義をすっきりとさせたいということだそうです。兄妹間で同行なるとは思えないですが、それぞれの配偶者は他人だから、自分が生きている間に、名義をすっきりさせたいそうです。

お兄さんから妹さんがお兄さんの登記分を譲ってもらうと、お兄さんには譲渡税がかかり増すし、妹さん夫婦には、購入資金が無いとのことです。その購入資金をお母様が援助しようというのですが、その際には贈与税がかかります。

贈与税は高いでうからね。また、お母様の資産はこの土地だけだそうで、お兄様にも遺留分という相続権は残ります。法律上、家や建物を思うと産が全部相続したら、遺留分の現金を、お兄さんに支払わなければなりません。

その現金は今、妹さんは持ち合わせてはいません。

このような話はよくあるのかどうかはわかりませんが、似たような相続や贈与の話しはあるのでしょうね。

そのように解決したかは聞いていませんが、相続時精算課税制度を使い、お母さんから妹さんにお金贈与し、それで、お兄さんの持ち分を購入、お兄さんの譲渡税分も、精算課税を使って、譲渡税プラスαのお金を渡すというのはどうでしょうか。相続資産によりますが、相続税がかからなければベターですよね。

相続って特別な人のものと思われがちですが、いろんなところに転がっているのですね。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional