資産運用|資産運用セミナー・資産運用アドバイス・老後資金準備

資産運用|老後資金準備セミナー・ライフプランセミナー・老後資金準備は FSP へご相談ください

FrontPage

今までの「ライフプラン・コラム」

格差社会が待っています...

格差社会、あるいは二極化、表現は変われど、とにかく大きく二つのグループに分けられるのが、安倍新政権の行き着く先と思われます。

円安誘導はがマーケットの評価されているのは、お金がかからない経済政策であるということです。つまり、円安により株価は上がり、それにより法人税収が増えるということです。マーケットはここを評価しています。円高であったから株価は上がらな勝ったのですから、円高阻止が株価上昇につながるのは理解できます。

政府の経済政策は株価を上げることです。それは法人税収が増えることですから、そのためにはなんでもやります。しかし、円安になるということは物価が上がるということです。株価が上がったからと言って、私たちの給料が上がるわけではありません。給料は変わらず、物価だけが上がるのです。

円安は資産価値を高めます。デフレ社会では預貯金、タンス預金が正解でしたが、インフレになると、不動産や株が上がります。運用している人に有利な世界となります。つまり、運用している人とそうでない人との間に、資産格差が生まれます。

TPPは、労働力の流動化が基本です。海外から安い労働力が大量に日本にやってきます。能力の差別化が生まれます。誰にでもできる仕事は、給料がうんと安くなります。収入の格差です。

資産格差に収入格差、これが次に待っている世界です。それを前提に、ライフプランを考えないといけないですね。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional