資産運用|資産運用セミナー・資産運用アドバイス・老後資金準備

資産運用|老後資金準備セミナー・ライフプランセミナー・老後資金準備は FSP へご相談ください

FrontPage
労働保険・医療保険

介護保険

 介護保険は、加齢(老化)に伴って生ずる心身の変化に起因する疾病などにより介護が必要になった者に対して、必要な保健医療サービスや福祉サービスに係る給付を行うことを目的に、平成12年4月からスタートしました。老化に起因する疾病などにより、一定の介護が必要な状態(要介護状態)にある者、あるいは介護が必要な状態になるおそれのある者が、給付を受けることができます。
 介護保険の保険者となるのは市区町村で、厚生労働省の管轄です。手続は市区町村で行います。
 介護保険の被保険者となるのは40歳以上の者です。基本的には、40歳以上の全国民が介護保険に加入することになります。
 被保険者資格は2種類あり、65歳以上の者を第1号被保険者、40歳以上65歳未満の医療保険加入者を第2号被保険者としています。

特定疾病

40歳以上65歳未満の者が介護保険の給付を受けられる「特定疾病」とは、次の16種類です。
(1) 初老期における認知症(アルツハイマー病、脳血管性痴呆、クロイツフエルト・ヤコブ病など)
(2) 脳血管疾患(脳出血、脳梗塞など)
(3) 筋萎縮性側索硬化症
(4) パーキンソン病関連疾患
(5) 脊髄小脳変性症
(6) 多系統萎縮症シャイ・ドレーガー症候群など
(7) 糖尿病の合併症(腎症、網膜症、神経障害)
(8) 閉塞性動脈硬化症
(9) 慢性閉塞性肺疾患(肺気腫、慢性気管支炎、気管支喘息など)
(10) 変形性関節症(両側の膝関節症または股関節に著しい変形を伴うもの)
(11) 慢性関節リウマチ
(12) 後縦靭帯骨化症
(13) 脊柱管狭窄症
(14) 骨粗鬆症による骨折
(15) 早老症(ウエルナー症候群など)
(16) がん末期

介護サービスの利用手続
介護保険制度における要介護認定の仕組み

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional