資産運用|資産運用セミナー・資産運用アドバイス・老後資金準備

資産運用|老後資金準備セミナー・ライフプランセミナー・老後資金準備は FSP へご相談ください

FrontPage
老後資金準備のための知識の広場

なぜ資産運用が必要なのか?

なぜ資産運用が必要なのか?一つは単純に、「貯蓄」の手法だけでは、言い換えれば、元本確定商品の金利では老後資金を十分に備えることができないから。もう一つは、物価上昇(インフレ)による、今の貨幣価値と、将来老後を迎えたときの貨幣価値の違いを埋めるのには、「運用」の手法が必要だからです。貨幣価値の変化とは、簡単に言えば、今の10,000円で、将来同じ物が買えるかどうか疑問であるということです。その貨幣価値の変化の要因がインフレ(物価上昇)で、それに対応するのが「運用」です。
老後資金準備のための運用はすべて自己責任で行います。それによる将来の老後資金の目減りに対しての、国から補填する措置は無く、制度からの援助というのはありません。そこが、運用に対して今一歩踏み出せないところかもしれません。
その精神的不安を解消してくれるのが「知識・理論武装」です。
資産運用に於いて「分からない」のが不安となります。この「分からない」を「理解する」に換え、知識を「活用する」ことに換えていきます。

資産運用について皆様から寄せられるよくあるご質問

○今ある資産の運用方法を教えて欲しい…
○今ある資産を目減りさせない方法は…
○毎月少しずつ積立運用する方法は…
○65歳時点で1億円貯めたい…
○貯蓄と運用の違いは…
○投資・運用で損しない方法は…
○運用のアドバイスは定期的にしてくれるのですか…
○売り時、買い時の見極め方は…
○何を買ったらよいかなどは、どうやって知れば良いのですか…

○ペイオフ解禁による資産の分配方法は…
○ペイオフ解禁による金融機関との付き合い方は…
○金融機関の選び方は…
○預金保護の優先順位には…
○本当に元本1,000万円とその利息までしかもどってこないのですか…
○金融機関が破綻したらいつお金が戻ってくるのですか…
○貯蓄商品以外の金融商品の考え方は…
○家族への預金の移し替えは有効ですか…
○手形決済はどうなりますか…
○多額の管理費や預かり金などはどうなりますか…

具体的な資産運用

■目標額達成のためには現在の低金利商品では無理だから
■今の現金価値が何十年後も同じとは考えにくい
■今の資産を減らしたくないための防御的運用を考えたい
■せめて全国消費者物価指数を上回る運用を
■しばらく使う予定がなく、日々の生活に大きく影響を与えるお金ではないから  etc

<一括で運用をする>  

A,すぐに使うお金→ 換金性の高い金融商品
B,使い道が決まっているお金→ リスクの少ない金融商品
C,当分使わないお金→ 利殖商品

<毎月少しずつ運用>

少額でも投資でき、かつ、投資タイミングをずらすこと(時間の分
散)でリスクを軽減させます。一括運用との併用は非常に効果的です。

リスクとは

 収益(リターン)を得るには欠かせないもの。予想がプラスにもマイナスにもぶれる可能性のことで、ぶれ幅が大きい小さいで、リスクの大小を表現します。ただ、リスクは投資先の分散や投資タイミング(時間)の分散で軽減することが可能です。

資産運用の具体的なコンサルティングとは?

 株式投資・債券投資・オルタナティブ投資・不動産投資をご提案し、具体的な金融商品のご紹介、ならびに購入のお手伝いまで行います。

STEP1

目標額の設定

運用期間の確認

運用資産の性格の確認(すぐ使うお金か否か)

STEP2

運用方法の確認

お客様の運用への思い、お客様の運用への許容度から判断してご提案

STEP3

具体的金融商品の選択

購入手続きのサポート

購入後のフォロー(重要

運用商品の見直し(重要

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional