将来不安を解決するための投資・資産運用に関する情報サイト

拠出時

拠出時

「入り口」は掛金拠出時

掛金は全額所得控除の対象となります。

支払われた掛金については全額所得控除(小規模企業共済等掛金控除)の対象となり、所得税、住民税が軽減されます。

所得控除とは、最終的に税額を計算する際の基礎となる資金を減らすことができるものです。
      一年間の収入 - 所得控除 =税金がかかる金額
       
税金は、上記式で求められた「税金がかかる金額」に税率をかけて算出します。
      税金がかかる金額 × 税率 = 納税額

所得控除が多ければ納税額は少なくて済みます。

所得控除申請の手続き

毎年10月に、その年に支払った(または支払い予定の)掛金について連合会が掛金払込証明書を発行されます。それを、確定申告や年末調整(個人払込の場合)で添付します。(初回掛金の納付が10月以降の場合、翌年の1月に送付します)

なお、掛金が給与等から天引きされる場合には、源泉徴収税額の計算に当たって社会保険料と小規模企業共済等掛金の合計額を控除した残額に相当する金額の給与等の支払いがあったものとみなして計算することとなっております。

確定拠出年金の掛金が毎月給与天引きされている場合、掛金を支払ったことを証明する書類を添付する必要はありません。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional