資産運用|資産運用セミナー・資産運用アドバイス・老後資金準備

資産運用|老後資金準備セミナー・ライフプランセミナー・老後資金準備は FSP へご相談ください

「投資の考え方」の部屋

日本円が買われる理由は「安全・安心通貨だから」ではない

画像の説明

日本円は安全通貨、安心通貨である・・・

とよく言われますが、違和感を感じたことはないですか。

世界でも流通量がさほど多くなく、とても日本の経済状況が良いとは言えないにもかかわらず、どうして日本円がそんなに安全とか安心と言えるのでしょう。

この表現の根拠は、日本は世界で冠たる債権国で、常に経常収支は黒字で、何もしなくても、貸付に対する利払い金が稼げるからだというのがあります。

それはそれで事実ですが、だからといって世界でもっとも安全な通貨と定義付けるには無理がありますよね。

むしろ慢性の経常赤字国であっても、基軸通貨であるドルのほうが安全通貨と言えるのではないでしょうか。

こんな意見もあります。

日本国債のほとんどは日本国内で買われているとか、日本には国債発行量よりも多い個人資産があるから日本円は安全とするのはどうでしょう。

ところが日本の国債市場も、外国人投資家の比率は増えてきています。

先物市場で、外国人投資家が売りを仕掛けてきたらどうでしょう。

日本国債格下げとなれば、日本国債のCDS(クレジット・デフォルト・スワップ)価格は上昇するかもしれません。

CDSは、簡単に言えばデフォルトに備えた保険のようなもので、その価格が上がるということは日本国債が危険だということを連想させることにもなります。

このCDSも、普通に取引することができます。つまり、外国人投資家が日本債券を売ることが十分にできるのです。

日本には個人資産が十分にあるから大丈夫という意見もあります。

それって日本がデフォルトしそうだから、持っている個人資産を投げ出してくださいとでもいうのでしょうか。

これらは、はたして日本円が安全・安心という根拠となるのでしょうか。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional