資産運用|資産運用セミナー・資産運用アドバイス・老後資金準備

資産運用|老後資金準備セミナー・ライフプランセミナー・老後資金準備は FSP へご相談ください

FrontPage

情報誌「ら・ぽーるマガジン」発行のご案内

 ブログやコラムでは絶対に書けない内容を、会員限定でお送りします。
 今足元で起きている出来事を、報道情報を深く読み解き、また、実際に投資を行っている人からの現場の情報をもとに、分かりやすく解説していきます。報道だけではわからない、報道では語られないことを書きます。政治や社会問題も取り上げます。
「らぽーる」とは、臨床心理用語で、クライアントとの「架け橋」を意味します。情報を通じて皆様との架け橋が「らぽーる・マガジン」です。

   発行日:毎週月曜日
   費 用:月額324円
   内 容:1,今週の重要指標&予定
       2,マーケット情報&経済のポイント
       3,今週の時事ネタ
       4,“億り人"になる!!
       5,よもやま話~近況

今なら、お申し込み後一か月間は無料でご覧いただけます!!
過去の情報誌も見ることができます...

今週号(2017年2月20日発行)のご紹介

*********************************************************************

       らぽ~る・マガジン 第244号(2017.2.20)
    -「らぽ~る」は、情報を通じての皆様との架け橋です-

*********************************************************************

    目次
     1,今週の重要指標&予定
     2,わかりやすい経済のはなし
       ○ 今マーケットでなにが起こっているのか
          ・イエレンvsトランプ、マーケットは政権運営発表待ち...
          ・バトンはヨーロッパに...
       ○ わかりやすい経済のしくみ
          ・東芝問題を整理しておきましょう
     3,いま話題のニュースの裏側
          ・金正男氏暗殺事件の背景
          ・トランプ政権人事からみる政権の色(5)
     4,絶対に“億り人"になる!!
          ・テンバガーを狙おう!!
     5,よもやま話~近況

*********************************************************************

         ~ わかりやすい経済のはなし ~

*********************************************************************

今マーケットでなにが起こっているのか


☆イエレンvsトランプ、マーケットは政権運営発表待ち...

イエレンFRB議長vsトランプ大統領・・・マーケットはこういう構図になっているようです。

トランプ政策を推進すれば、おのずとインフレになるのは必至です。そうなるとどうしてもFRBによる利上げ期待は高まってきます。

イエレン議長は、今年の利上げに関して、回数を含め積極的な発言をしています。

利上げとなればドル高となるわけで、トランプ大統領の製造業復活政策とぶつかることになります。

先週の情報誌で税制政策と為替政策について書きましたが、FRBは利上げをしてくるとして、トランプ政権としてはドル高をどうするか、ドル高とどう向き合っていくかが課題となりそうです。

徹底的にドル高を阻止するのか、それともある程度容認するのか...

注目はやはり国境税でしょうね。輸入商品に対して20%の税金を課すというもので、国内産業保護を前面に打ち出してきそうです。

国境税は円安を招くと指摘する専門家もいます。ドル高を縛る必要がないとの判断でしょうか・・・

     ~以下略~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

わかりやすい経済のしくみ


☆東芝問題を整理しておきましょう

東芝問題に関しては、いろんなところで書かれていますし、いろんな噂も飛び交っています。ここでは単純に整理をする感じで書いていきます。

日本を代表する会社の凋落です。日本市場にも影響はあります。

東芝は、戦後日本を支えてきた企業と言っても過言ではありません。
人の役に立たなければ技術ではない...
東芝には国産初、世界初の第一号機がたくさんあります。

白熱電球、当時は竹のフィラメントだったそうです。
日本発の電気冷蔵庫に電気掃除機、自動式電気釜もそうです。

今では生活に当たり前のものが、実は東芝が最初に開発製品化したのです。

重電の芝浦製作所と軽電の東京電気が合併して誕生した総合電気メーカー東芝がなぜこんなことになってしまったのか。

すでに報道でもいろいろ言われていますが、不正会計が明るみになり、東芝の社会的信用は地に落ちていきました・・・

     ~以下略~

*********************************************************************

         ~ いま話題のニュースの裏側 ~

*********************************************************************

☆金正男氏暗殺事件の背景

世紀の兄弟げんか?そんな単純な話ではないようですね。

VXガスが使われたと言われています。最強神経剤と呼ばれ、オウム真理教事件でも使われたものです。

北朝鮮側は、金正男氏を殺害した犯人の引渡しよりも死体の引渡しを急いでいることから、北朝鮮側の犯行が疑われました。

殺害方法は、いろんなところで報道されていますが、毒針での暗殺は共産圏では伝統的な手法のようです。

同じ諜報機関としてアメリカにはCIAがありますが、そこでの女性採用面接では、ハニートラップのロールプレイという実技試験があるそうですよ。

今回の殺害は・・・

     ~以下略~

☆トランプ政権人事からみる政権の色(5)

こんなにもだらだらと長く政権人事解説をしていてもまだ決まっていないという状況、本当に異常としか言いようがありませんね。おかげで、このテーマは5回も引っ張れました。

しかも、もう辞任者が出ました。大統領補佐官(国家安全保障担当)のマイケル・フリン氏です。

トランプ大統領を選挙中から支えてきた側近中の側近だった人です。

大統領補佐官就任前にすでにロシア側と交渉していたとされ・・・

     ~以下略~

*********************************************************************

            絶対に“億り人"になる!!”

*********************************************************************

☆テンバガーを狙おう!!

先週、今後の投資シナリオは「為替」と「個別株」とご紹介しました。

長期視野に立っての円安シナリオが為替投資の根拠で、個別株投資は、株指数投資の難しさから優良銘柄選別を推奨しています。

個別銘柄選択に関しては「テンバガー」銘柄というのがあります。

一気に10倍に株価が跳ね上がる可能性を秘めた銘柄のことで、これにあたると、もう投資はやめられなくなりますね。

現物株投資は強制退場がなく、時間を味方にすることもできますね。

日本市場では大きなボラティリティの中、このようなテンバガーを探す絶好の好機とも言えます・・・

     ~以下略~

情報誌「ら・ぽーる」購読お申込み


過去の情報テーマ一覧(直近7週分)

発行号経済解説時事ネタ初めての運用
第70号日中の改革は進むのか武器輸出三原則の緩和?すべては金利から始まる
第71号成長戦略は本当にあるのか?小泉元総理の脱原発発言は...FX投資と株式投資の融合
第72号アメリカ財政問題は解決するのか臨時国会は重要継続は力
第73号米債務問題一応終結、日本の債務はすでにポスト安倍が水面下でチャート分析
第74号中東にきな臭い噂が...減反政策見直し?チャート分析2
第75号これからのマーケット予想本当に成長戦略はあるの?チャート分析3
第76号3つのサプライズ&中国「三中全会」原発再稼働、やはり東電ですか<お休み>
今週号先週の「上げ」の検証とこれから...強行採決とエネルギー革命1億円シナリオ再確認

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional