資産運用|資産運用セミナー・資産運用アドバイス・老後資金準備

資産運用|老後資金準備セミナー・ライフプランセミナー・老後資金準備は FSP へご相談ください

FrontPage

情報誌「ら・ぽーるマガジン」発行のご案内

 ブログやコラムでは絶対に書けない内容を、会員限定でお送りします。
 今足元で起きている出来事を、報道情報を深く読み解き、また、実際に投資を行っている人からの現場の情報をもとに、分かりやすく解説していきます。報道だけではわからない、報道では語られないことを書きます。政治や社会問題も取り上げます。
「らぽーる」とは、臨床心理用語で、クライアントとの「架け橋」を意味します。情報を通じて皆様との架け橋が「らぽーる・マガジン」です。

   発行日:毎週月曜日
   費 用:月額324円
   内 容:1,今週の重要指標&予定
       2,マーケット情報&経済のポイント
       3,今週の時事ネタ
       4,“億り人"になる!!
       5,よもやま話~近況

今なら、お申し込み後一か月間は無料でご覧いただけます!!
過去の情報誌も見ることができます...

今週号(2017年5月29日発行)のご紹介

*********************************************************************

       らぽ~る・マガジン 第258号(2017.5.29)
    -「らぽ~る」は、情報を通じての皆様との架け橋です-

*********************************************************************

  目次
     1,今週の重要指標&予定
     2,わかりやすい経済のはなし
       ○ 今マーケットでなにが起こっているのか
          ・マーケットの注目は、FRB金融政策とロシアゲート問題
          ・G7閉幕
       ○ わかりやすい経済のしくみ
          ・仮想通貨、その先に見えるキャッシュレス社会
          ・仮想通貨の投資に関するお話
     3,いま話題のニュースの裏側
          ・仮想通貨から見えるものとは
     4,よもやま話~近況

*********************************************************************

         ~ わかりやすい経済のはなし ~

*********************************************************************

今マーケットでなにが起こっているのか


☆マーケットの注目は、FRB金融政策とロシアゲート問題

先週のマーケットは円高でした。ドル売りとも言えますが、ユーロが買われてドルが売られ、その流れで対円でのドルが売られたとも言えます。

北朝鮮ミサイル発射によるリスクオフでの円買いが進んだともいえます。

マーケットが意識しているのは大きく2つ、FRBの金融政策とトランプ政権です。

前者は当然利上げで、6月利上げはほぼ確実視されています。しかしその後の利上げスケジュールが不透明になってきました。

FED要人発言が出ていますが、足元の経済指標が弱いことから、6月以降の利上げスケジュールを見直されるのではとの思惑が出てきました。利上げ回数を減らす可能性があるということです。

それによりドル買い圧力が弱まったとも言えます。

個人消費に関する指標が弱いことが気になります。それゆえ、5月の雇用統計結果は大注目と言えます。

量よりも質、週末の雇用統計では、雇用者増加数よりも賃金動向がマーケットを左右すると思われます。今まで以上に賃金は注目されるでしょう。

6月のFOMCは利上げも当然ですが、ドットチャートの変化、イエレン議長のコメントが注目されます。経済状況をどう見ているのか、景気動向を、インフレ目標の進捗状況に対してどうコメントするかです。

もうひとつの要素が政局です・・・

     ~以下略~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

わかりやすい経済のしくみ


☆仮想通貨、その先に見えるキャッシュレス社会

2016年4月27日の衆議院財務金融委員会において、麻生太郎財務大臣は以下の内容の答弁をしており、このことから、政府はビットコインを消費税の課税対象として取り扱うとしています。つまり仮想通貨は「商品、物」と定義されました。

麻生国務大臣「マウントゴックスという話でスタートが何となくイメージが悪くなっちゃっているのが残念なところではあろうかと思いますけれども、ビットコインというようないわゆる仮想通貨と言われるものについては、現行の消費税法からいきますと、これは、非課税として限定列挙されております支払い手段というものは、御存じのように法定通貨とか小切手とか、そういったような物品切手
に該当しませんので、課税対象になるということになるんだと思っております。」

大臣の答弁に出てくる「法定通貨」とは何でしょう。

法定通貨(Legal tender)とは「金銭債務などの弁済手段として強制力を持つ通貨」と定義されています。法貨とも呼ばれます。

強制力とは、契約が成立した後にはその通貨による決済を拒絶できないということです。レストランでの会計の場合、レストラン側はドル紙幣の受け取りは拒否できますが、日本円での受け取りは拒否できないということです。

ちなみに、硬貨の場合強制力を持つのは同一硬貨20枚までとされています。つまり、全部1円玉でという要求は店側は拒否することができます。100円の商品を購入する際に使える1円玉は20枚までで、残りは別の硬貨や紙幣で行う必要があります・・・

     ~以下略~

*********************************************************************

         ~ いま話題のニュースの裏側 ~

*********************************************************************

☆仮想通貨から見えるものとは

仮想通貨の見方が大きく変わったのが、今年5月1日、三菱東京UFJ銀行は、いよいよ独自の仮想通貨「MUFGコイン」の実証実験をスタートしました。来年の春ごろに稼働させるようですが、ビットコイン等の他の仮想通貨と違うのは、1コイン1円という、価格が変動しないもので、決済や送金の一つの選択肢とするようです。

仮想通貨に、今までの決済や送金という銀行業務が奪われることへの危機感から、仮想通貨の世界に参入するようです。現在三菱東京UFJ銀行は4000万口座172兆円の資金量がありますが、これを守るための仮想通貨なのかもしれません。

それゆえ、世界中で普及している仮想通貨の論理とは少し違ってはいますが、三菱UFJフィナンシャルグループが仮想通貨を取り扱うことには大きな意味があるのです。

日本最大の銀行が参入したというインパクトもそうですが、もし三菱東京UFJ銀行が、住宅ローン返済を「MUFGコイン」で受け取ることができるとしたなら、仮想通貨は法定通貨になるということになります。

法定通貨に関しては、前項で説明しましたが、そうなれば今の日銀券にとって代われる存在になるということも可能になります。日本に流通通貨が正式に複数存在することになります。

日銀は、市場の資金流通量を調整することで、物価の安定を図ります。通貨の役目はインフレやデフレを調整することもあるのです。

国家の本音は、インフレが望ましいのです・・・

     ~以下略~

☆仮想通貨の投資に関するお話

為替取引のようなイメージで、安い値段で仮想通貨を買って、高くなったら売るという感じです。信用取引もでき、売りから入ることもできます。

たとえばbitflyerでは、取引画面は株取引と同じような板情報の画面があり、それを見て買ったり、買ったものを売ったり(利益確定)します。

もちろんチャートもあります。

ただ個人的には、価格変動要因がつかめず、何が価格を動かすのか読みづらいところがあります。

仮想通貨に対するニュースが出て変動するようですが、それだけでは投資の判断としては厳しいです。

株ならPBRやPERなどの判断材料や・・・

     ~以下略~

情報誌「ら・ぽーる」購読お申込み


過去の情報テーマ一覧(直近7週分)

発行号経済解説時事ネタ初めての運用
第70号日中の改革は進むのか武器輸出三原則の緩和?すべては金利から始まる
第71号成長戦略は本当にあるのか?小泉元総理の脱原発発言は...FX投資と株式投資の融合
第72号アメリカ財政問題は解決するのか臨時国会は重要継続は力
第73号米債務問題一応終結、日本の債務はすでにポスト安倍が水面下でチャート分析
第74号中東にきな臭い噂が...減反政策見直し?チャート分析2
第75号これからのマーケット予想本当に成長戦略はあるの?チャート分析3
第76号3つのサプライズ&中国「三中全会」原発再稼働、やはり東電ですか<お休み>
今週号先週の「上げ」の検証とこれから...強行採決とエネルギー革命1億円シナリオ再確認

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional