資産運用|資産運用セミナー・資産運用アドバイス・老後資金準備

資産運用|老後資金準備セミナー・ライフプランセミナー・老後資金準備は FSP へご相談ください

FrontPage

株は安い時に買うものです

最近、巷のセミナーでは「アベノミクス」と「TPP」のテーマがはやっているようです。円安・株高で、株式投資セミナーが大盛況なのは言うまでもありません。私が長年お世話になっている株式セミナーも、昨年までは閑古鳥が泣いていたにもかかわらず、今年に入って受講者数が三桁ですからすごいですね。

株が下落する傾向は非常にわかりやすく、このように株式セミナーが活況を帯びてきたとき、書店にやたらと株式の本が並んだ時、専業主婦など、今まで株に縁がなかった人たちが株式投資を始めた時、証券会社がやたら忙しく、執拗に銘柄を進めるとき、そして極めつけは、銀行や郵便局が積極的に投資信託を勧めるときは、もう相場は終焉を迎えてくると言われています。

今がその時かどうかはわかりませんが、株式投資は、安い時に買うもので、決して高い時に買うものではありません。

株式投資は未来に投資するものです。これから上昇と判断すれば「買い」、下落するだろうと判断すれば「売り」です。

今からまだ上値余地があるのかないのかを考えればいいのですが、おそらく、まだまだ上値は伸びると判断しています。もちろん、結構上がってきているので、調整と呼ばれる下落はあるともいます。だとしたら、下がったときに買うという行動も良いですね。

目標はリーマンショック前の、日経平均株価18000円台です。もちろん、時間はかかるでしょうが、15000円を目指しても構いません。今よりもまだ高い位置ですから、十分に利益は確保できます。

だいたい、昨年は誰も株価が上昇するとは予想していませんでした。あのときに仕込んでいれば今ごろは...なんて思っても仕方ありません。投資とはそういうものです。みんなが思わない時に、その思わない行動がとれるかどうかですからね。

何度も言いますが、株式は安い時に買うものです。日本の未来に期待しましょう...

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional