資産運用|資産運用セミナー・資産運用アドバイス・老後資金準備

資産運用|老後資金準備セミナー・ライフプランセミナー・老後資金準備は FSP へご相談ください

「投資の考え方」の部屋

目的意識の有無が投資の成否を左右する

画像の説明

投資を始める動機が「資金を殖やしたい」という人がいます。それは良いことだと思いますし、お金を殖やすために投資をするという人は多いですよね。でも重要なのは「なぜ資金を殖やすのか」というところです。今の資金を殖やして何をしたいのかを意識するのが重要なのです。

「目標」と「目的」は違います。資金を殖やすことは「目標」であって、「目的」ではないのです。なぜ資金を殖やす必要があるのか、なぜ多くの資金が必要なのかを突き詰めて考えてみましょう。もうちょっと具体的に考えてみましょう。

ファイナンシャルプランナーがよく口にする言葉に「豊かな老後」というものがあります。豊かな老後を送るために十分な資金が必要とするなら、そのために今の貯蓄金額では足らないから資金を殖やす必要があるとします。

この場合「〇〇歳までに△△万円を準備する」というのが目標です。数値目標とよく言いますよね。なぜその目標を達成しなければいけないかと言えば、老後にお金に困らないようにするという「目的」のために必要だからなのです。

このように考えを構築することが重要です。

その目的のために、目の前の目標を達成するのは貯蓄だけでは達成できないので、目的を必ず実現するにはどうしても投資という手法は必要だという意識付けが重要なのです。

目的意識の有無が投資の成否を左右します。

画像の説明

単に資産を殖やしたいという思うだけで投資を始めると、やたらテクニックに走り、少しでも早く楽に資金を殖やすことばかりに全精力を費やし、結果、資金が殖えずに目減りしたときには、「自分には向いていない」と諦めるのも早くなります。

そもそも投資で「楽して殖える」手法はありません。目が覚めたら大金持ちになっていることなんて、投資の世界ではありえません。

投資において最も重要なのは「継続」なのです。負けても継続するメンタルの強さが重要です。それには、投資は必要と思う、投資に対する確かな目的意識がなければ、投資を続けることはできません。

投資に対する目的意識をしっかりと持っている人は、自ずと投資を一生懸命勉強し、投資の仕方を工夫し、資金管理もしっかりとやります。

そして重要なことは、投資で資産を殖やしている人はたくさんいるということです。損している人ばかり目立ち、投資で失敗する人ばかりをマスコミが取り上げるので、投資の成功者はほんの一部という印象を植え付けられていますが、投資で失敗した人の方が多いというデータなんてありません。

そもそも日本人は奥ゆかしく、投資で資金を殖やしている人は、そのことを誰にもアピールする人はほとんどいないです。

是非、投資を「味方」にして、豊かな人生設計の「武器」にしてください。投資と真正面から、前向きに向き合うようにしましょう。

そこからが人生設計の旅はスタートします…

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional