資産運用|資産運用セミナー・資産運用アドバイス・老後資金準備

資産運用|老後資金準備セミナー・ライフプランセミナー・老後資金準備は FSP へご相談ください

FrontPage
労働保険・医療保険

退職後の医療保険

 会社を退職すると、特に何も希望しなければ会社の被用者として加入していた健康保険からは脱退することになりますが、退職後も何らかの医療保険に必ず加入しなければなりません。再就職しない場合には、一般的には国民健康保険に加入することになりますが、要件を満たせば、退職前に加入していた健康保険に継続して加入できる場合があります。
 継続加入の制度には「任意継続被保険者制度」や「特例退職被保険者制度(一部の組合管掌健康保険のみ)」があります。これらの制度を利用したほうが保険料負担が少なくてすむ場合もありますので、国民健康保険に加入する場合と在職時の健康保険に継続加入する場合との保険料を比較してみることが必要です。あるいは、年収などの要件を満たしていれば、家族が被保険者として加入している健康保険の被扶養者となることもできます。
 どの医療保険制度に加入しても、給付を受ける場合の自己負担割合は同じですので、各医療保険の被保険者資格の種類を確認し、最も負担の少ない資格を選択していくことが重要です。
 なお、退職後に再就職しない(他の健康保険に加入しない)ときに、任意継続被保険者等となる手続を行わない場合には、退職日の翌日から国民健康保険に加入したものとみなされます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional