資産運用|資産運用セミナー・資産運用アドバイス・老後資金準備

資産運用|老後資金準備セミナー・ライフプランセミナー・老後資金準備は FSP へご相談ください

FrontPage
労働保険・医療保険

雇用保険

 雇用保険は、働く意思と能力のある人が失業したときの生活保障や次の就職のための能力開発、賃金が低下する傾向にある高齢者、育児・介護休業者の生活保障等のために必要な給付を行います。雇用を確保する企業等に助成金を支給することも行っています。
 雇用保険は厚生労働省の管轄で、政府が保険者となり、事務手続は公共職業安定所(職安、ハローワーク)で行います。
 雇用保険の被保険者となるのは、原則として週に20時間以上働くことになっている労働者のみで、個人事業主や社長、役員は原則として被保険者にはなりません。また、所定労働時間が週20時間未満のパートやアルバイトなども被保険者にはなりません。
 雇用保険の保険料は、一部を被保険者が負担し、残りを事業主が負担します。

雇用保険の給付内容

 雇用保険からの給付には、労働者が失業して職を探しているときに支給される求職者給付、失業者の再就職を促すための就職促進給付、労働者の自主的な能力開発を支援する教育訓練給付、失業を予防するための雇用継続給付があります。

求職者給付-基本手当・技術習得手当・寄宿手当・高齢者求職者給付金  
就職促進給付-再就職手当・就業手当
教育訓練給付
雇用継続給付-高年齢雇用継続給付・育児休業給付・介護休業給付
   

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional