資産運用|将来不安を解決するための資産運用に関する情報サイト

「投資の考え方」の部屋|初めての資産運用・将来不安の解決・老後資金準備は FSP へご相談ください

過去のコラム

インフレの本当の意味は...

安倍政権は「デフレからの脱却」を目的とした経済政策を推し進めてきました。三本の矢と呼ばれる、金融政策、財政政策、成長戦略と呼ばれる政策がとられました。

デフレでないということはインフレになるということで、つまり、政府は日本をインフレにしていこうということです。

デフレから脱却するために行われた、日銀による金融緩和政策、それは市場にお金をばらまくというもので、それは円安という現象をもたらしました。デフレ脱却政策が円安をもたらしたのです。

円安になると、海外からの輸入価格は上昇します。それはエネルギー価格に影響し、昨今のガソリン価格高騰にもつながっています。輸入コストの高騰が物価高を生んでいます。これがインフレと呼ばれる、モノの値段の上昇につながってきています。

これからは、私たちは物価高と付き合っていくことになります。

デフレとインフレでは、いろんな価値観が大きく変わってきます。

デフレの時は、預貯金が効率的でした。保有絶対額が変わらなくても、モノの値段が下がっていくので、絶対額が変わらなくてもその価値は上がっていきます。

しかし、インフレとなると保有絶対額が変わらなければ、モノの値段が上がっていく状況では預貯金の価値は下がっていきます。つまり運用しない限り、資産価値は上がらないということになります。

日本人の資産は、預貯金が大半を占めています。また、運用している人は少なく、預貯金しかしていない人と運用している人の間では、まちがいなく資産格差は広がっていくことになります。

さらに、TPPにより、海外労働者がどんどん日本に入ってきています。日本人でなければならない仕事と、そうでない仕事では賃金の差が生じます。賃金格差が生まれることになります。

賃金格差に資産格差、これからどんどん富を持つ者と持たない者に分かれていくのです。それがインフレの先に待ち受けている社会です。

運用で資産価値を高めない限り、物価高による支出を補うことはできなくなるでしょう。いまから運用を始めることは、これからの社会を生き抜く上で,絶対に必要なことになっていくのだと思われます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional