将来不安を解決するための投資・資産運用に関する情報サイト

2019年2月

過去のコラム

投資は数字を当てに行くものではない…

画像の説明

一番安いところで買いたい…
一番高いところで売りたい…

あそこで買っていれば…
あそこで売っていれば…

これは投資をしている人は誰でも感じるものです。

確定拠出年金制度で投資信託を買う行動においても、株価の推移を見てこのように判断する人もいるでしょう。あるいは、資産報告書を見て「あのときに…」という思いが出てくるのかもしれません。

一番安いところや高いところとか、これから上がる下がるということを確実に、それこそ100%当てることができる人は、神様でない限りこの世に存在しません。それなのに、投資をするようになると、このようなことを求めてしまうようになるのです。

それは自分の資産を投じているからで、「欲」とも言えるし、「減らしたくない」という思いともいえるし、ようは「資産」に固執するが故の発想だといえるでしょう。

でもこれは人間であれば当然抱く感情で、上手に付き合っていくしかないのです。

繰り返しますが、神様でない限り未来を予想することはできません。

最安値、最高値、今後の上がり下がりを求める行動を「数字を当てにいく」ものだと、投げ何相場と向き合ってきたある証券会社の人は表現していました。

数字を当てにいく行動は、所詮は確率論の話で、その税度を弾けるのは相当の訓練が必要です。それは知識とかではなく技術の問題となります。

もちろんチャート分析を入念に行い、過去のパターンを瞬時に捉え売買できれば、「数字を当てられる」確率は上がると思います。

かつて株式投資を勉強しだした頃に「ゾーニング」という概念を学びました。つまり、ドンピシャに最安値、最高値を狙うのではなく、大体このあたりと、すごく大雑把に捉えることのほうが大事だという教えでした。

それにしても、やはり「ゾーニング」でも数字を当てにいていることには変わりはありません・

さきほどの証券会社のかたは「数字を当てにいくな」と説きます。

どうせ最安値、最高値は充てられないし、これから上がるか下がるかは予想できても確実ではない、ようは「当てられない」というのです。

だから「ドルコスト」手法が良いと説明していました。

このコラムでもご紹介している、毎月一定額を投資し続ける手法です。上がっていようが下がっていようが、常に一定額を投資することで、平均買付単価を下げる方法です。

ただ大まかな投資対象のコンディションは必ず把握しておく必要があり、そのための勉強は惜しむものではないとも言われています。それは時間的の資金の面でもです

確定拠出年金制度での運用で言えば、日本市場(マーケット)のコンディションはどうなのか、海外市場(マーケット)のコンディションはどうなのかは、きちんと把握しておくことは大事だということです。

その証券会社(日本の大手会社です)の人(古いお付き合いの大ベテラン)が言っていたのは、今は日本市場に買い材料を探すのは大変だということでした。日本市場をテーマに投資セミナーを構成するのは難しいということです。

それでこのコラムでも何度もご案内しご提案していますが、毎月積立投資(ドルコスト手法を用いた投資)では、海外株式の投資信託に投資するのが効率的だと判断しています。

私だけの判断ではなく、いろんな市場関係者の方にご意見を伺えば、やはり水口をそろえて
     日本市場はネガティブ
でした。海外市場のほうが、長期投資においては利益を上げやすい、それは過去の例から見てもいえることだということです。

ドルコスト手法は自信を持ってください。疑わないで、毎月コツコと積立投資を行っていきましょう。投資対象は海外市場です。
信じるか信じないかは…あなた次第です

とは言いませんが、確定拠出年金制度での運用アドバイザーとしては、海外株式市場に投資している投資信託(インデックスファンドでも良い)をドルコスト手法で毎月投資で買うというのが、長期において勝ちやすいパターンだと思います…

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional