資産運用|将来不安を解決するための資産運用に関する情報サイト

「投資の考え方」の部屋|初めての資産運用・将来不安の解決・老後資金準備は FSP へご相談ください

過去のコラム

家計の見直しの伝家の宝刀「生命保険料の見直し」

 住宅ローン返済での繰り上げ返済の原資確保の為に、教育資金準備のための毎月の貯蓄額確保の為に、老後資金を毎月少しずつ貯蓄していく資金確保の為に、家計を見直すことによって、少しでも多くの貯蓄のための資金を捻出します。家計を見直すと言うことは、具体的には、収入と支出のバランスをチェックすることです。いかにして収入を増やすことが出来るのか、どうすれば支出を減らすことが出来るのかを検討します。実際には、家庭環境によっては収入を増やすことは難しく、支出を減らすことに重点が置かれます。あるアンケート調査によりますと、家計の中でどうしても減らすことが出来ないのが「食費」「光熱費」「教育費」「奥様の近所づきあいのお金」「ご主人の自宅での酒代」だそうです。これでは支出の見直しようがないですよね。そこで、即効性があって確実なのが「生命保険の見直し」です。
 生命保険は、(当たり前の話ですが)保障額が低い方が、保障期間が短い方が支払保険料は少なくて済みます。本当に必要な保障額はいくらなのか、その保障はいつまで必要なのか、必要保障額は毎年同じなのか、家庭環境が変われば必要保障額も変わるのでは…これらをきっちりと把握すれば、大きく支払保険料を押さえることが出来ます。サラリーマンの方の場合、毎月天引きされている社会保険料も「保険料」であることをお忘れなく。その社会保険から遺族への保障がでるのですよ

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional