資産運用|資産運用セミナー・資産運用アドバイス・老後資金準備

資産運用|老後資金準備セミナー・ライフプランセミナー・老後資金準備は FSP へご相談ください

「株式投資・為替投資」の部屋

FX投資とは

画像の説明

「ミセスワタナベ」と言う言葉があります。日本のFXトレーダーの事で、専業主婦が、自宅で気軽に投資する様をもじった言葉で、日本の姓で、外国人にポピュラーなのが「渡辺」さんだそうです。

インターネット環境があれば、だれでも手軽に投資できるのがFXで、持ち金も、株投資のように多くは必要としません。株投資のように、最低買付単位というものはなく、1000円から投資することができます。

FXとは、「Foreign Exchange」の略で、外国為替証拠金取引、と呼ばれています。外国為替保証金取引や通貨証拠金取引とも呼ばれます。日本では「FX」と略す事が多いですが、海外では「FOREX」と略されることが多いです。

投資対象は世界の通貨で、日本円で投資します。日本円で外国通貨を買う取引の場合は、購入時よりも円安になると収益を得ます。決済のときは外国通貨を日本円に戻しますので、1通過に対して換金できる日本円は多いほうが得となります。

「売り」からも投資する事ができ、外国通貨を売る(この場合は外国通貨で日本円を買うことになります)場合は、購入時よりも円高になった時に収益を得ます。

為替差益を狙う取引ですが、それ以外にも、日本と投資した通貨の国の金利差により、毎日一定額の収益(スワップ金利)を得る事ができます。これは、金利の低い国の通貨で、金利の高い国の通貨を買ったときに得る事ができる収益のことです。

取引会社によってスワップ金利の発生の仕方は異なりますが、一般的には、外貨を買うだけで、毎日利息が付くというイメージです。

これらの収益方法が、個人投資家の人気を呼んでいると思われます。

レバレッジと言うものがあり、少ない元手で、大きな取引ができるのもFX投資の特徴です。

例えばレバレッジを10倍で設定すると、1万円の取引が10万円の取引になります。収益も、1万円しか投資していないのに、10万円取引相当分もらうことができます。ただし、損失も10万円投資相当分発生します。

投資するには証拠金と言うお金を入れておく必要があり、損失は、この証拠金の範囲内で発生します。つまり、損失が膨らんだ場合、証拠金以上の損失になった時に、自動的に取引を停止させられます。つまり損失を確定することになります。

言い換えれば、証拠金以上の損は生じないということになります。

FX取引口座開設は無料です。

スワップ金利はともかく、為替差益を狙うには、円安になった方がいいわけです。為替差益を狙うには、強い通貨を買うのが基本です。日本よりも米国のほうが、経済状況が良ければ、USドル買い(円売り)の投資が基本になります。FX投資では「売り」から入ることもできますので、将来的に経済が衰退すると思われる国
の通貨を売ることで収益を得ることもできます。

つまり、その国の経済が強い(強くなるかどうか)を見極めることが重要です。その判断材料として、発表されるさまざまな経済指標を見ることは重要です。それと、このメルマガでも何度も指摘しているエネルギー革命のような、アメリカ経済が強くなるもの、貿易赤字拡大のような、日本経済が弱くなる要因を押さえることが大事です。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional