2022年もビッグイベント目白押し、沖縄選挙戦・参議院選挙、米中間選挙に日中国交正常化50周年

今年の世界ビッグイベントは、まず政治日程で見れば

3月 韓国大統領選挙
   中国全国人民代表大会(全人代)
4月 フランス大統領選挙
7月 日本参議院選挙
9月 中国党大会
10月 ブラジル大統領選挙
11月 アメリカ中間選挙

マーケットに連動しないでしょうが、日本独特の重要政治日程として

沖縄県名護市市長選挙   1月23日 投開票日
沖縄県知事選挙      9月29日
沖縄県那覇市市長選挙  11月15日  

があります。沖縄の選挙もご紹介してきます。

IMF経済見通しをご紹介しておきます。

      2020年  2021年   2022年
世界    -3.1%   5.9%    4.9%
米国    -3.4%   6.0%    5.2%
ユーロ圏  -6.3%   5.0%    4.3%
日本    -4.6%   2.4%    3.2%
中国     2.3%   8.0%    5.6%

日本の経済の伸びが極端に低いですね。

もはや日本は先進国ではないという見方もあります。
きっと日本は「それで良い」と思っているのでしょう。そう感じることばかりを日本はしてきていますからね。

変革を拒む風潮...

経済成長しなくて良いの?
労働生産性を高めなくてよいの?
DXは推進しなくてよいの?
業務の効率化、企業体質の変革は進めなくてよいの?

日本がなにも変わろうとしていない中で、世界は着実に動き出しています。

1月、地域的な包括的経済連携(RCEP)協定が1月1日に発効…

RCEPとは、TPPに代わって注目集める「経済連携」のことです。

2017年にトランプ政権が離脱を宣言した、アジア太平洋地域の広範囲的経済連携であるTPP(環太平洋パートナーシップ協定)の影響力と注目度が減少する一方で注目を集めているのが、アジアの自由貿易協定である「RCEP(アールセップ:東アジア地域包括的経済連携)」です。

外務省ホームページに説明が載っています….
https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000231134.pdf

日本はアジアでの主導権を握れないだけでなく、RCEPが求める世界標準にも追いつけないでいます。

おそらく世界から「無視」される状態になりそうですよ。

スポーツ・産業イベントとして

2月4日~20日     中国北京冬季オリンピック開催
3月4日~13日     中国北京冬季パラリンピック開催
2月19日~27日    ジュネーブ国際モーターショー
11月21日~12月18日 2022FIFAワールドカップカタール大会

他に

マーケット的には、2月米FOMCはテーパリング含め利上げメッセージにおいて重要だと言えます。
2022年は「日中国交正常化50周年」にあたります。何よりこれは、中国との関係においては、「ビッグイベント」に位置づけられるでしょうね。覚えておきましょう。

今年は、国内外で大きな選挙があり、何より中国との関係が試される年になりそうです。米国がいつ利上げをするのか、欧州のテーパリングはどうなるのかは、マーケットにとっては大きいですね。

参議院選挙で岸田政権は安定するのかどうか…

いろんなことが起こりそうな2022年が始まりました…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA