働き方一つで収入に大きな差がつく、考え方を意識するだけで報酬額は大きく変わってくる…

働き方には

  • 正社員
  • 契約社員
  • 派遣スタッフ
  • アルバイト
  • パート
  • 業務委託
  • フリーランス

概ね、このような区別になるかと思います。

これらは雇用形態や契約形態による区分で、「業務委託」と「フリーランス」以外の働き方は「給料」という形で労働の対価を受け取るわけで、支給金額はすべて自分で決めることはできません。

時給換算で報酬は計算され、働いた内容や成果物が評価されるものではありません。
つまりは自分の「時間売り」です。

毎月定額の報酬をもらうか、業務ごとに契約するのか、あるいは期間を決めての契約なのかの違いがあります。

業務委託やフリーランスの場合は、契約次第ですが、労働時間の提供なら時間給の考え方になるでしょうし、成果物の提供なら事前に契約して報酬額は決まります。

時間給の形態で、その金額は雇用者に委ねる場合は、将来に渡って大きな報酬となることは難しいでしょう。

ただほとんどの人がイメージする“働く”とは、この形態が多いです。

この場合、働く側としては、自分が持っている時間を提供するだけで良いので、考え方としては“楽”といえます。自分で働き方を考えずに済むわけで、自分でキャッシュポイントを模索する必要はありません。

どのような行動がお金を生むか、どうすれば収益が上がるかを考える必要がないのです。

それゆえ、得られる報酬も限られるというものです。

大きな報酬を期待するには、この逆をやらなければなりません。

つまり、頭を使う働き方、工夫とアイデアを必要とする働き方が、将来に大きな収入をもたらしてくれる可能性が広がるのです。

「作業・運用」と「付加価値提供」

与えられることを無難にこなす「作業」、求められる通りに組織を運営する「運用」なら、発生する報酬は多くはありません。

報酬額を多くするには、どれだけ「付加価値」を生み出すことができるのかどうかが重要になります。労働というよりもビジネスの感覚になりますね。

「時間売り」の労働ではなく、付加価値を提供する「ビジネス収入」の考えが求められます。

成果に対する報酬、業務に価値をつけるためには、

自分は何ができるのか...
何を提供できるのか...

という側面から考えるのも良いですが

今何が求められているのか...
今何が求められているのか...

を探すことが大事で、同時に

どうすれば役に立てるのか...
どうすれば社会的問題を解決することができるのか...

という発想を持つことが大事です。

そしてそれらを実現するために、今の自分には何が足りないのかを考え、それを埋めることに努力を惜しまない姿勢が必要になってきます。

まずはゴールを設定し、そこから逆算して時間をどう使うかを考えることも大事で、ゴールから逆算しての時間管理、つまり今からゴールに向けてのスケジューリングを行うのです。

時間と資本の投下、それが「今やるべきこと」をあぶり出す近道となるでしょう。

収入を得る手段として『脱労働」の肝転移たち、付加価値を見出すための自問自答を繰り返すことで、なんとか“答え”を導き出していきましょう。そのためには情報を貪欲に求め、先人の方々の超えに耳を傾け、成功をイメージできるくらいにビジネスをシミュレーションしていくのです。

いま具体的な“答え”がなくても、それを模索することを諦めないで常に意識していれば、必ず“答え”は見つかるものなのです…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA