「レバレッジ」について「危険」と決めつけてその本質を勘違いしていませんか…

トレードを効率的に行うのに絶対に必要なのが「レバレッジ」効果です。

これを危険とか投機と捉える人がいますが、それは間違いです。レバレッジは投資家にとって「敵」ではなく「味方」になるものなのです。

まずはここをしっかりと抑えておきましょう。レバレッジは投資家の「味方」です。

まずは「レバレッジとはなにか」を考えましょう…

レバレッジ(Leverage)は「テコの原理」と表現されていますが、テコですから、小さい力で大きな力を発揮するツールと言えます。

ビジネスの世界でも重要で、借入れや社債発行などでファイナンスをして事業や投資を行うのも「レバレッジ」を効かせた行動と言えます。

   自己資本は少なくても大きな資本を動かすことができる

というもので、お金がないがためにチャンスを逃さないようにするためにも、借入れを有効に活用することもビジネスにおいては重要です。

トレードにおいては、投資金額が少なくても大きな効果を得ることができるのが「レバレッジ」効果です。

「レバレッジ」は、投資家の強い味方なのです。

しかし現実には、このレバレッジのプラスの効果を見ないで、レバレッジを利用したことによる負の部分ばかりをクローズアップしている人が多いようです。

それは「レバレッジ」効果を説明する側にも問題があり、説明者もレバレッジをよく理解していないところに問題があります。

レバレッジ投資で代表的なものとしてFX(外国為替証拠金取引)や株式投資の信用取引やオプション取引などがあります。

ここでよく説明される表現として

   10倍のレバレッジで取引を行えば10万円の証拠金(業者に預ける資金)で
   100万円分の投資をすることが可能ですが、
   損失も100万円分の投資に見合った金額になります…

この「損失が大きくなる」ということを強く意識して、レバレッジ効果で利益が大きくなることよりも、損失が大きくなることばかりがクローズアップされているようにもあります。

まだ行動を起こす前なのにもかかわらず、利益の期待値よりも、起こりもしていない損失の方を気にし過ぎているのです。

   未来を恐れない…

この発想になってこそ、レバレッジは投資家の味方になるのです。

レバレッジを、少し角度を変えて見てみましょう…

FX投資を例に考えますと、FXは値幅を「pips(ピプス)」で表現します。つまり、利益は「何pips抜くか」で決まります。

1円は100pips、つまり1円動いたら100pips抜いたことになります。1pipsは1銭にあたり、1pips抜きで10円の利益となります。

これはレバレッジに関係なく、すべてのトレーダーに共通です。
ここは覚えておいて下さい。

価格が10銭動いたら「10pips抜き」で100円の利益になります。

FX投資で投資額を「通貨」とか「枚数」とか「ロット」で表現します。個人でFX投資で投資を行う際には「通貨」の表現が多いです。

通貨と枚数とロット数を比較してみましょう…

   1000通貨 = 0.1枚 = 0.01ロット
     1万通貨 =  1枚 = 0.1ロット
   10万通貨 =  10枚 =  1ロット
   100万通貨 = 100枚 =  10ロット

となります。これらははFX投資でいくら投資するかということです。

1pipsは1銭(0.01円)にあたり、その利益は10円になります。

例えばFX投資で1000通貨投資して「1pips抜き」ができたら10円の儲けになります。
10万円通貨投資できれば「1pips抜き」で1,000円の利益になります。

もっとリアルに語れば、1ドル100.00円「買い」でFX投資をして、100.10円で売ることができたら10銭(0.1円)分の利益(10pips抜き)を得ることができます。

この取引で10万通貨(10枚、1ロット)投資していたら、10銭(0.1円)の変動(10pips抜き)で10,000円儲けたことになります。

投資額が多ければ、同じpips数抜きでも、利益額は異なってきます。

そこでレバレッジが関わってきます。

例えばFX投資で10銭動いたら10,000円儲ける計画で10万通貨を投資したいとした場合、レバレッジの大きさで、実際に準備する金額が変わってくるのです。

当然、レバレッジが大きければ、準備する金額は少なくて済みます。この準備金のことを「証拠金」と言います。

日本の会社でFX投資を個人口座で行う際のレバレッジは、最大で25倍となります。
25倍の場合、ドル/円取引を1万通貨で行うには、証拠金として43,000円必要になります。

各国の金利が異なりますので、取引通貨ごとに、この必要な資金は異なります。

例えばユーロ/円取引の場合は、1万通貨ごとに47,000円必要になります。

先程の、ドル/円取引で、10銭変動で1万円儲けるために10万通貨投資するには43万円の証拠金が必要になります。

ここで、1pips(1銭、0.01円)の利益を投資通貨ごとに見てみますと、それぞれの儲け額は…

   1000通貨 = 0.1枚 = 0.01ロット →   10円
     1万通貨 =  1枚 = 0.1ロット   →   100円
   10万通貨 =  10枚 =  1ロット   →   1,000円
   100万通貨 = 100枚 =  10ロット   →    10,000円

になります。

これをレバレッジ25倍で考えると、1万通貨投資するのに43,000円の証拠金が必要になるので、1000通貨投資だと証拠金は4,300円必要となり、100万通貨投資だと450万円必要になります。

つまり証拠金(準備できる資金)が同じだと、レバレッジの違いで投資できる金額が異なり、1pips(1銭、0.01円)あたりの儲け額が異なってくるのです。

ここで重要なのは、全力投資する必要がなくなるということです。

100万円をFX投資に使うとして、レバレッジ25倍にすれば、100万円のうち、45万円をリスクに皿類味でFX投資に使うとしてに投資すれば、10万通貨の投資ができるので、10銭の変動で1,000円の利益を得るチャンスが有ると考えられます。

保有資産の45%をリスクに晒すことで大きなリターンを期待できる環境が作られるということになるのです。

逆に言えば、レバレッジ25倍だと5,000円から、FX投資を始めることができるということにもなります。

レバレッジ効果を味方にするために重要なのは「損切りライン設定」です。

つまり最初から、負けるpips数を設定しておいて、予め損失額を決めておくのです。

それ以上は絶対に損しないという金額を設定して、もし損失となっても、自動的に損失額が限定されるようにしておきます。

そうすればマイナスは限定、利益は無限大という構図を作ることができます。

   見えない未来を恐れない
   レバレッジ効果で期待値を夢みる
   そして
   損失限定の損切りライン設定をして大きな損失を回避するに…

これで、レバレッジは味方になってくれます。

そもそもレバレッジを「敵」と決めつけている人は、何もしない前から逃げることを考えていることになり、リスクを取ることの意味を理解すれば、「損切りライン設定」を行うことで、レバレッジ効果を100%享受することができることを理解しましょう…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA