ポストコロナの資産運用は長期投資と短期投資の併用「ハイブリッド投資」…収支改善には個別株投資で1ヶ月決算がおすすめ

「withコロナ」社会では経済回復はかなり厳しい…

新型コロナウイルス感染者拡大が一向に収まりません。

相手がウイルスだけに、完全に消滅させることはできませんが、コロナとどう向き合うか、コロナがいる社会をどう構築していくかが、どうやら新しいテーマである「ウイルスとの共存」となってくるようです。

ニューノーマル(新常識)と呼ばれる新しい社会では、間違いなく経済の縮小が見られます。

ソーシャルディスタンティングによる「非接触」が行動の基本となりますので、従来の商売のやり方を、大きく変えなければなりません。

「密」から「疎」へ…

人をたくさん集める業種や人と接する業種はもう大変です。ホテルや輸送機関、飲食店やイベント業、それらに付随する旅行代理店、食品卸業や物販業者も関わってくるでしょう。

ある特定の業種だけが影響を受けるのではなく、当然その周辺業種にも影響が見られます。

発表される経済指標から、どうも「withコロナ」では経済回復は難しということがわかりました。コロナ撲滅を目指した対策の先に、はじめて経済回復がある用に思えます。

となると、日本の現状において経済回復は、当面の間は厳しいということを覚悟しなければなりません。

最終的には雇用に多大なマイナスの影響が出てきます。

殆どの企業においては従業員給料やボーナス等は削減される方向で、また、雇用の形態も変わってきます。一社で従業員を養えきれないという本音を、憚ることなく堂々と氷海する企業も増えてきました。

それだけ切羽詰まっているのでしょうね。

「ユニインカム」から「マルチインカム」へ…

ポストコロナ社会での雇用に関わるとトレンドとなっています。企業側から見れば「副業解禁」です。

すべての会社で副業が認められているわけではないですが、従業員側の視点からすれば、本業の給料以外の収入手段を持っておくことが、ポストコロナ社会での最大のリスクヘッジになるということです。

それが「自助」なのですね。

収支改善の投資・トレード

給料以外の収入確保手段として

  • 副業(アルバイトも含む)
  • 複業(ビジネス構築も含む)
  • 投資・資産運用

「副業」は主に労働収入、「複業」は労働収入に限らずビジネス収入もあり、「投資・資産運用やトレード」は労働提供の対価を求めるものではない収入確保手段という位置づけになります。

「副業」「複業」は会社規定とのからみがありますが、「投資・資産運用やトレード」は、全くの私的部分で会社規定似て移植することはなく、本業の勤務時間外で行うことが十分にできます。

ここでの考え方で重要なのは、
   本業以外の収入確保手段を求めるか求めないか
   必要と思うか思わないか…
ということです。

この時点で「面倒だから」という理由で思考を停止する人には、アドバイザーやコンサルタントは、なんら関与することはできません。

本業以外の収入手段を確保したい、本業以外の周雨入手団は必要だという人たちに向けて、労働以外の収入確保手段として「投資・資産運用やトレード」を強くおすすめします。

投資は資金をリスク市場に投じることで、市場価値を高めることで手にする現金を増やすとものです。現状“100”の評価価値のものが時間経過とともに評価が上がり、“120”の価値になったときに現金に換算することで、評価アップ“20”分の現金を手にすることができるというものです。

評価が上がれば現金に換えることで、手取り現金が増えるわけです。ここが重要です。

コロナショックは、まさにフローを崩壊しました。家計収支バランスの崩壊です。いかにして収入を増やすかが、家計改善のポイントとなっていました。節約などの輸出改善はもう十分に行ってきたでしょう。

収支改善としての投資であり運用ですから、1ヶ月単位で利益確定することで、月々の収入計画が立てやすくなります。

1ヶ月で収益を確定するからといって、24時間マーケットとにらめっこしなければならないということではありません。

イメージで言えば、月初に株を買って月末に売る、あるいは月中でも利益が出ていれば確定するというものです。

何も1年も保有して置かなければならないというものではありません。

老後資金準備のための運用は、長期で資産育成するのがよいでしょう。

個別株投資のすすめ、ミニ株の活用も…

もうおわかりのように、1ヶ月ごとに利益を確定するのに適している運用と、長期で資産を熟成する運用では、投資対象が異なる場合があります。

長期投資の代表格は金投資です。

毎月一定額を積み立てる積立投資と親和性が強いのが金投資です。年単位の期間で積立投資を行うには、景気悪化時に価格が上がる金投資は、資産を守るには効果があると言えます。

1ヶ月毎に家計の収入を助けてくれる投資には、株式の現物投資が何よりも安心です。資産が、評価の目減りはあってもゼロになることはありませんからね。

日経平均株価やTOPIXという指数を買う投資は、毎日変動が激しく、大きく一方向に振れることもありますので、なかなか投資に慣れていないと方向性が読みづらいものです。

これら指数に投資するインデックスファンドという投資信託がありますが、実はインデックスに投資するのが最も難しいのです。

今は、メジャーブランドの株が手頃な価格で買えます。

ミニ株」」という“10分の1”サイズで株を買うこともできます。

誰もが知っている企業の株を、手頃の価格で買うことができるのです。

ニュースをこまめにチェックし、今は巣ごもり需要が盛んというのなら、PC周辺機器メーカーや、デリバリーの会社、宅配業者、ネット関連の企業の株を買うのが良いでしょう。

月初に、どれか好きな会社の株を買って、一月の間で利益が出ていたら翌月に持ち越すことなく決算をすることで、月内には現金を手にすることができます。

四六時中マーケットを意識する必要はありません。

取引時間は9時から15時ですが、夜でも予約ができますので、時間外でもオーダーは出せます。

ポイントは、投資で収入を増やす、給料以外の家計収入源を増やすということです。

一度考えてみてください。必ずや、家計の役に立つと思いますよ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA