2019年の出生数86万人に急減、とうとう90万人割れ、自然減50万人超に…

厚生労働省が24日発表した2019年の人口動態統計の年間推計で、日本人の国内出生数は86万4000人となり、前年比で5.92%減と急減、1899年の統計開始以来初めて90万人を下回りました。

死亡数は、戦後最も多い137万6000人(前年比1万4000人増)で、出生数から死亡数を引いた「自然減」は51万2000人(前年比6万8000人増)となり、初めて50万人を超える見通しです。

自然減は13年連続となります。

政府の対策にもかかわらず少子化・人口減が加速していることがわかりました。

2017年4月の国立社会保障・人口問題研究所の将来人口推計(日本人人口ベース)では、出生数が90万人を割り込むのは2020年、86万人台となるのは2021年と予測されていましたが、減少ペースは2年早まったことになります。

5%を超える減少率は1989年以来30年ぶりとなります。

日本の出生数は、1974年には200万人を超えていましたが、翌1975年には200万人を割り込み、その後、1980年まではほぼ毎年10万人のペースで出生数が減少していました。

1984年に150万人を割り込んだあとも減少が続き、出生数がついに100万人を下回ったのは2016年のことです。

1993年から2016年までの間は、出生数の減少が緩やかになっています。それは、1970年前後に生まれた、いわゆる団塊の世代ジュニアが結婚・出産期だったことによるものと見られています。

その団塊の世代ジュニアが40歳代に入ると、出生数は再び減少のペースを速めていきました。

出生数の急減は複数の要因が重なった可能性があると指摘されています。

最も大きいのは出産期の女性の人口減少です。

総務省の統計では2019年7月時点で25~39歳の女性は969万人で、前年同月から約21万人減っています。

2019年は新元号にあやかった「令和婚」や「令和ベビー」の効果で出産が増えるとの期待もあったりまし、婚姻件数は前年比0.59%減の58万3000組にとどまり、空振りに終わったようです。

合計特殊出生率は2005年の1.26を底に一度は持ち直したものの、2015年の1.45の後は減少が続き、2018年は1.42でした。

政府は2025年度までに、子どもを望む夫婦らの希望がすべてかなった場合の「希望出生率1.8」の実現を目標に掲げますが、即効薬は見当たらないのが現状です。

人口動態統計の年間推計は10月までの速報値から算出しており、出生数に外国人の日本での出産、日本人の海外での出産を含みません。これらを含めた総人口ベースでも、2019年の出生数は90万人を下回った可能性が高いとみられます。

2003年に少子化対策基本法が成立し、政府は仕事と子育ての両立や待機児童対策、保育料無償化や働き方改革、男性の育児参加などを推進してきました。

若い世代が減っている以上、政府の少子化対策に劇的効果は望めないという意見もあります。

たしかに、子育て環境を改善し、子育てにかかる費用を軽減し、子どもを産んだ後も働きやすい環境を整えることは大事です。

そもそも何故今の若者は、結婚そのものを躊躇するようになったのでしょう。

将来不安があるからですが、その不安の質がかなり深刻かと思われます。

つまり、40歳代以上の人の将来不安は「老後」に限定され、年金不安から来る老後生活への不安が大勢を占めますが、20歳代の若者の不安は、そもそもの「生き方」への不安だと思われます。

もちろん老後不安もあるのでしょうが、そんな遠い未来寄りも目の前の自分の姿がが想像できないでいるのです。

数年後の未来も描けない状況で、老後なんて遠くかすんで不安を感じる以前の問題です。

幸せになる、楽しく生きる、生きがいを感じるなど、とにかく今まで我慢が当たり前で、将来を明るく捉えることをして来れなかった世代です。

今の社会が、ましてや政府が、若者に明るい未来を示していない中で、結婚という他人の人生を背負う責任なんてもてない、ましてや子供を育てるということは考えにも及ばないでいるのですね。

未来に給与が上がるイメージがなく、生活が豊かになりイメージが沸かないでいるのです。

そんな状況で結婚もできない中で出生数が増えるわけがありません。

保育無償化も待機児童をなくすことも、男性の育児即申も分りますが、もっと根本的な部分の改善、それこそいろんな要素が重なり合い、年金問題だって昇給の問題や雇用環境、非正規雇用がふえていることも関係しています。

社会に明るい材料が見えず、未来に夢が持てなくなっているのだと思います。

単に出生数数が減少しているという数字の話ではなく、その背景にある闇のような部分が大事なのではないでしょうかね…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA