副業を“時給いくら”の週末アルバイトと考えてはいけない  “成果”が評価される働き方を副業として考えよう…

「本業+副業」ということが推奨されるようになってきています。

国は企業側に、従業員が副業をしやすい環境を整えることを推奨し、制度面からも、従業員が副業しやすいようにサポートしています。

   働き方の多様性
   ライフ・ワーク・バランス…

なんとなく耳障りが良く新しい発想のように受け止められますが、この表現には、労働でお金を稼ぐという概念よりかは、精神面のことが前面に出ている表現で「働く」ということが語られています。

「働き方の多様性」とか「ライフ・ワーク・バランス」の考え方は、正規雇用者とは対峙する働き方を推奨する意味合いが強いイメージがありますね。

正規雇用と非正規雇用

今更ではありますが労働形態には、会社に属する「会社員」と「非会社員」という区別があります。

これは、「収入」という観点から見れば、どちらも毎月「給与」という形で労働の対価が支払われますが、ボーナスの有無、あるいはボーナス査定の違いがあり、昇給の有無や諸手当にも差があります。

これらは主に時間給の考え方で労働評価されます。

一方、給与という形ではなく成果によって対価を得る労働があります。

フリーランスの人に多く、契約によって収入が決められ守られるもので、給与という考え方ではなく、成果物に対する対価を得るという考え方です。

主にプロジェクトごとに労働評価されます。

時間給の考え方では、当然行動は、給与支給側によって管理されます。報告の義務というのも発生します。

プロジェクトごとの評価は、成果物に勝ちがあり、プロセス管理には意味を持ちません

先ほどの「働き方の多様性」「ライフ・ワーク・バランス」の考え方は、成果型労働形態の方と相性が良いと思われます。

個人事業主という表現は、正規雇用者ではない人に対しての表現ですが、収入が給与ではなく事業で収益を得るイメージが強いようです。

個人事業主の事業には継続性があり、決まった従業員を囲い込むこともありますが、フリーランスは、プロジェクトごとにチームを組むというイメージが強いですね。

どちらを重視するかは人それぞれで、義務はあっても安定収入を取るか、不安定な収入であっても管理されない働き方を選ぶかとよく言われますが、一方で、社会保障面では、毎月支払保険料は正規雇用者のほうがフリーランスよりも多い代わりに、年金支給額は正規雇用者のほうがフリーランスよりも多くなっています。

医療制度における恩恵は両者同じです。

勤務地等の処遇を会社に縛られたくないという「働き方の多様性」から、自正規雇用の立場を望むという積極的なj非正規雇用者も入れば、非正規雇用者の実際は、毎月安定収入の正規雇用者であることを望みながら正規雇用になれない人のポジションとなっている場合が多いように思われます。

政府が言う「雇用の多様性」による積極的な非正規雇用形態なら良いのですが、社会問題となっているのは、労働者側が、毎月の安定収入の支給形態を望むことによることで経営者との妥協により強いられた消極的な非正規雇用の形態です。

「時間売り」と「成果売り」

労働形態に関する観点から、収入確保手段に話題を移します。

「時間売り」と「成果売り」の違いです。

「時間売り」はその名の通り「時間給」の考え方で、誰もが平等にある24時間という時間を提供してお金に換える考え方です。24時間という定休できる時間スは誰もが同じですが、時間価値、つまり時給はその人の能力で決まります。

成果物の評価ではなく、あくまでも労働時間、自分の24時間のうち何時間をいくらで売るかという話です。

労働を「時間売り」という発想は、「副業」における「ダブルワーク」や「ギグワーク」につながります。

高度な業務の場合は、時間給は高くなり、単純労働では時間給は低くなります。業務の専門性特殊性が高ければ時間給は高く、誰もができるような内容だと時間給は低くなります。

   時間売りの呪縛…

ただこの発想では、いくら時給が上がっても、永遠に同じところをぐるぐる回ることしかできません。なぜなら時間給を上げても売れる時間には限りがあるからです。

一斉を風靡した「金持父さん貧乏父さん」で紹介された「キャッシュフローゲーム」でのラットレースから離脱できないパターンですね。

ダブルワークとは、時間給の仕事を2つ以上持つことで、本給だけでは生活が成り立たないために、それを補充するために別の仕事を持つことです。

ギグワークという働き方も同じです。

ギグとは「GIG」、つまり、一回一回の契約に基づき行う仕事のことです。空いた時間を有効に活用する感じで、

   労使契約を結ばずに、ネットで空き時間に単発仕事を請け負う人

というイメージです。

もともとは、バンド編成でステージごとに参加する働き方で、例えば、第1ステージと第3ステージでベーシストが足りないので一時的に参加することを「ギグ(GIG)」と呼ばれています。

これを政府が掲げる「働き方の多様性」に当てはめて表現すれば

   会社に縛られたくない労働環境

となります。

これら時間給の考え方で、ベース技術や知名度で時間給が変わると説明するとわかりやすいでしょう。

   働き方の多様性 ☓ 収入アップ

を、時給を上げることに着目するか、それともスキルを生かした成果物に価値をつけるかで、その後の世界観は大きく変わります。

ラットレースから抜け出せるかどうかに繋がります。

   成果に評価を求めるのか、提供する時間に勝ちを求めるのか…

提供する時間単価、いわゆる時給を上げるには、その人の資格や社会的評価が求められますし、成果物評価を求めるなら、資格ではなく仕事のクオリティーが大事になってきます。

どこで勝負するかですね。

労働環境だけでフリーランスを選ぶとか、言葉のイメージで優雅な生活を求めるのは、そもそもの考えかたが間違っていますね。

   「副業」をどう捉えるか…

生活のための「ダブルワーク」なのか、自身のスキルアップという要素の「パラレルワーク」なのかが大事です。

もちろんスキルアップを、時給単価の評価を上げるもpの可、成果物の価値を高めるものかも考えるべきです。

   自分に何ができるのか…

それが自分の今までの生き方であり、学習でありで、そのことに文句や諦めの言葉を並べるのではなく

   今から何ができるか…
   今の時点で何が足りないのか…

を考えることが大事だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA