時代の変化とともに生活における価値観が変わってくる…とよく言われます。

昭和一桁の時代と今を比較しても意味はないでしょうが、法律や制度は、戦後の間もない頃から実はあまり変わってはいないのです。

一般に言われる「ライフプラン」は、まさに、戦後復興の高度成長期に培われたものをいまだに引きずっているもので、そういう意味では、今常識とされるライフプランの前提となる時代環境は大きく変わっているにもかかわらず、人生設計の概念だけは、時代の変化に対応していないと言えます。

いくつか、一般に語られるライフプランの前提となる背景と今との違いを明確にしておきましょう。

一般的に言われている「ライフプラン」は、「終身雇用・年功序列」を前提としたものなのです。

この「終身雇用・年功序列」が、いまだに語れる人生設計における「夢」実現のための絶対条件なんです。それは給料が安定して定年までもらえ、年齢とともに必ず昇給する社会だったということです。

この「夢」の代表がマイホームで、かつては給料が多い大企業の社員でしかマイホームは手にすることができませんでしたが、高度成長期に入り、国民生活が豊かになり、「総中流社会」という妄想に近い幻想を見せられ、大企業でなくても日々の生活さえ切り詰めればマイホームが持てるという風潮が作られました。

生活をきりつけて…というところがポイントで、節約をして家を買おうという思想が主流となりました。

高金利の住宅ローンを長期に組んでも、退職金で残債を全額返済し、60歳以降は年金で普通に暮らせるという将来設計が見えていた時代だったのです。

我慢してでも会社にしがみついていれば、終身雇用・年功序列ですから、安定した給料は必ず約束されているので、無理して大きな買い物ができた環境にありました。

終身雇用・年功序列で、我慢してでも会社にしがみついていれば、安定した給料は必ず約束されているので、無理して大きな買い物ができる環境にありました。

だから会社を辞めることは考えらず、「転職は恥」と言われていました。

今ではこのような思想は抱いている人は、少なくなってきましたよね。もうだれもいないのかもしれません。

       マイカーにマイホームに海外旅行…

いまだにライフプランにおける「夢」としてこれらが語られているところに、時代考証がバージョンアップされていないようにも思えます。

とっくに終身雇用・年功序列は企業側が放棄していて、それを従業員側も受け入れて久しく、転職はステップアップと、前向きに捉えられる風潮になっています。

終身雇用・年功上列が崩壊したことで、「会社」から「個人」へと、生活の重点は変わってきました。

ところがデフレ経済を長期に経験した日本において、そしてさらなる景気不安が蔓延する現代において、深刻なことが起こっています。

「キャリア・ショック」とよばれる現状です。

ステップアップして転職しても給料が上がらないのです。そのことで住宅ローンが払えない人が急増しています。 

子どもを産まないと決断する背景には経済的理由が大半を占め、いまや夫婦共稼ぎは当たりまえの状況です。

なのに年金制度は、学校卒業と同時に専業主婦家庭がモデル世帯となっていて、それを前提とした制度設計になっていて、とても今の私たちの生活を支える制度とは思えない状況です。

育児環境も、夫婦共稼ぎの現状とリンクしていません。

とにかく、今語られている、一般論のように言われているライフプランは「ガラガラポン」にして、全てを一から見直さなければならないと思われます。

私たちが今なすべきことは、将来にわたり減るであろう、少なくとも増えることはないと思われる収入(給料や年金等)をどう対処すべきかということです。

増えない収入をそのまま受け入れて、支出を減らすことに専念する、つまり生活サイズを縮小していくことを考えるか、あるいは、収入手段を増やしていくことを考えるかの選択を迫られています。

後者の、収入手段を増やすこととして考えられるのは、いま国が積極的に働きかけている「副業の奨励」に乗っかることです。積極的に「副業制度」に取り組むことは、重要な選択肢の一つと考えます。

もうひとつは、積極的に投資に取り組むことです。今いくらかの資産があるなら資産運用もよいでしょう。

資産の構築です。

副業はフロー改善が主な役割で、そこから資産を捻出して運用で資産を大きくしていくという人生設計を構築していくことがベターだと考えます。

今までのライフプランは通用しない、いま語られている人生設計での概念はもうない…

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA