みずほ銀行が紙の通帳発行に1000円(税別)の手数料… 新規口座で デジタルに誘導(三菱UFJ銀行はキャッシュバック)

みずほ銀行は2021年1月から、紙の預金通帳を発行する場合に1000円(消費税別)の手数料を取ることとしました。新たに口座を開く個人や企業を対象とします。

手数料のかからないデジタル通帳との選択制とし、利用者をデジタルに誘導するのが狙いです。ネットバンキングの利用を促しながら経費削減につなげる方針です。

紙の通帳を有料にするのは大手行でみずほが初めてになります。

普通口座や定期口座を2021年1月18日以降に開く人などが対象で、紙の通帳を繰り越す時も1000円を徴収します。

ただし、70歳以上の人からは取らず、既存の口座にも適用しないとのことです。

デジタル通帳は最大10年分の入出金をスマートフォンやパソコンで確認できます。既存の預金者向けサービスでは3カ月分だけしか、振り返れませんでした。

紙の通帳には1口座あたり年200円の印紙税などがかかり、メガバンクは年数十億円の経費を負担していました。

他の大手行でも発行手数料の徴収は検討課題となっており、有料化する動きが広がりそうだとのことです。

一方、三菱UFJ銀行では、インターネット通帳「Eco通帳」と言う名称で、紙の預金通帳から移行を促してます。

紙の預金通帳発行に手数料をかけるみずほ銀行に対して三菱UFJ銀行は、今年に入って、インターネット通帳に移行したらキャッシュバックを行うキャンペーンを行っています。

ゆうちょ銀行も「ゆうちょダイレクト+(プラス)切り替えキャンペーン」として、抽選ですがキャッシュバックをすることで、紙の預金通帳からの移行を進めようとしています。

手数料課金かキャッシュバックか

継続性があり、移行の効率を考えると手数料課金に横並びしそうですけどね。

紙の預金通帳からネットに切り替えて貰うために、銀行の姿勢が伺えるような感じですね…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA