正規雇用、非正規雇用、フリーランス、そしてビジネス…さらに“副業”…

正規雇用、非正規雇用、そしてフリーランス…

今の世の中での“働き方”には、「多様性」の名のもとに、実に様々な形態があります。

一般的にや、入社試験を受けて、面接などの過程を経て採用される「正規雇用」の働き方で、雇用保険などの社会保障があり、企業規模が大きくなれば退職金制度も充実していることもあります。

これに対し、「非正規雇用」の働き方があります。

日常の業務、たとえば出社義務等は正規雇用と同じですが、入社経緯は簡易で、専門職ではないバックオフィス業務を任されることが多いようで、その分、企業から責任感を求められることは少なく、社会保障制度も退職金制度もないことが多いです。

ただ、非正規雇用者の増加に伴い、非正規雇用者にも社会保険を認める風潮ではあります。

ただ、非正規雇用では残業が少ないことから、生活の「オン・オフ」は区別しやす環境かと思われます。

この二つの働き方と全く異なるのが「業務委託契約」での働き方です。

成果報酬なので、勤務形態は問われません。出社を求められないことが多く、正規雇用や非正規雇用に対して「フリーランス」と呼ばれます。

フリーランスは、専門技術の外注を請け負うという感じで、非正規雇用は、特に専門的な技術を必要としない場合が多いというイメージです。

よく副業をする際に、専門的な資格を持っていたほうが有利かという疑問があるようですが、専門業務を外注してもらうには、専門的な資格があれば有利かと思われます。

フリーランスになる際に、資格を取ってから始めるという人が多いです。資格がなくても、専門的スキルがあれば、その専門的業務を受注することができるでしょう。

仕事を発注する側には、専門資格の有無よりも、依頼した業務の成果物の精度が重要になってきます。

フリーランに求められるのは、業務のスキルに加えて、仕事を取ってくる営業センスのも問われるのではないでしょうかね。

正規雇用、非正規雇用の働き方で仕事を求める際には、営業スキルは必要ではないでしょう。

正規雇用や非正規雇用では一種の労働集約型に、つまり、時給換算の「時間売り」の発想になっているのに対して、フリーランスの成果報酬は、時間ではなく成果物評価が報酬の対象となっていて、同じ労働でも、業務の“価値”の付け方が違うよに思えます。

ただどちらも、仕事に対しては「受け身」の姿勢で、

   仕事をもらう、発注してもらう、働かせてもらう…

というスタンスは変わらないようです。フリーランスには「仕事を選ぶ」という裁量はあるのでしょうけどね。

さらにビジネス収入…

これら労働と相対してあるのが「ビジネス」収入です。

これは、仕事を求めるのではなく、自ら収入を得る“仕組み”を作ることになります。

仕組みづくりには、資格は必要としません。資格を必要とする業務は発注(アウトソーシング)すればよいのです。

この仕組づくりには、アイデアが必要で、発想力を鍛えることが求められます。

情報収集のリテラシーを高めること、発想力を鍛えるために、多くの人の“言葉”を吸収したか、そしてどれだけ“動いた”かが、問われます。

いわゆる「ビジネス脳」を鍛えることです。

副業におけるビジネスでは、やはりネットを使ったものになるようで、販売であったり、アフィリエイトであったりしています。

販売は、商材を探してネット販売するもので、どの商材がどの層に売れるかという、マーケティング力が求められます。

「せどり」と呼ばれる、安く仕入れて利益を載せて売るものですね。

アフィリエイトは、ブログアフィリエイトや、YouTubeなどの動画アフィリエイトなどがあります。やはりマーケッティング力は問われますが、文章の見せ方、動画編集にも工夫が必要です。

トレード

労働収入やビジネス収入とは異なるものとして「トレード」があります。

FXトレードや株トレードですね。

トレードの特徴を考えると

  • 景気の影響を受けない
  • 人的ファクターがない
  • 実力次第、自分だけの世界で完結できる

まずは、コロナなどの影響で投資ができなくなることはありません。マーケットが開いていて動いている限り、トレードは永遠にやり続けることができます。むしろ、コロナ騒動でマーケットは大きく反発しましたよね。

相手の都合やお客様の状況、あるいは上司の意見など、人的ファクターは一切ありません。人を相手にする必要はありません。

全く自分の力のみで成果が出せます。人に気を使う必要はなく、外圧もありません。すべて自分の世界で完結します。

トレードをする時間に関しても、マーケットが激しく動く時間を考慮することはありますが、自分がやりたいときにやれるわけで、そういう意味で、時間の制約は一切ありません

つまり、トレードは「自分の実力以外のファクターはすべて排除できる…」ということです

そして長く、自由にできる、まさに持続可能な収入確保手段だと言えます。

問題は「安定性」です。

持続可能でも、安定した収入を得られるかどうかは実力次第です。

「運」と表現する人もありますが、運を手繰り寄せる、というか、運の要素を最小限にするのも技術であり実力次第になります。

投資やトレードを「運」だけで語るのはよくないですね。

この「安定した収入確保」を目指すのには、勉強や訓練が必要になってきます。そのための「学び」が必要でrスが、これで投資の勉強における焦点が絞られたと言えますね。

トレードは、本業(給与所得など)を妨げないでできる、どんな環境でも状況でもできるというメリットがある反面、成果を出すには努力が必要だということが言えます。

副業として考えるなら、労働集約型の収入をお止めるよりも、ビジネス収入を求める方向にチャレンジしてみてください。

トレードを極めることも無駄ではありません。

これからは、副業なしでは語れない社会になっていくことでしょう…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA