お金事情の改善「フロー改善とストック構築」

投資で大事なのは「時間軸」です。

よく「株価は上がるでしょうか」とか「円高、円安どっちになるのでしょうか」という質問をする人がいますが、「いつまで」とか「いつの時点での話か」という部分が抜けています。

「いつまで」「いつの時点」という考え方が重要なのです。

長期投資と漠然と表現されがちですが、長期といえども「いつまで」という概念はとても需要です。

フローとストック…

    フロー(Flow)とは、一定期間内に流れた量
   ストック(Stock)とは、ある一時点において貯蔵されている量

と表現されます。複式簿記で言うところの

    損益計算書がフロー
   貸借対照表がストック

ダムでたとえられることもよくあります。

    ダムから放水する状況がフロー
   ダムに水を溜める状況がストック

ですかね。家計簿で言えば

    毎月の収入と支出を考えるのがフロー
   今ある貯金額とか資産の合計がストック

フローは改善して「収入>支出」を拡大させることで、ストックは資産を膨らませることが改善対策となります。

フロー改善は「収入>支出」を拡大させることですから、節約して「支出」を減らすか、工夫して「収入」を増やすかということが対策となります。

投資という選択を収入アップに選ぶのなら、それは長期投資ではなく時間軸が短い、毎月利益確定するイメージになるでしょう。

株式投資でもFX投資でもかまいません。デイトレでなくてもかまいません。

一週間単位のトレードとか、それこそ月末に清算するのでもよいでしょう。

ただ利益確定の時期を固定するのはマーケットを無視した行為ですので、その月内に利益が出てるときに、利益確定するということを考えればよいのです。

たとえば、今話題のソフトバンクの株を買って、5万円利益が出たら解約するというのも良いです。ルールとして翌月に保有を持ち越さないとしておくのです。

もちろん市況が良くなっていれば、翌月持越しもありえますが、基本、月内で利益確定とします。

損を抱えたらどうしよう…

そういう不安もありますよね。損失許容範囲を決めます。5%とか10%とか、あるいは1万円とか5万円とか、その決めたところまで損失が出たら解約します。

損切りです。

そしてすぐに新しいものに乗り換えます。

損をする銘柄ばかりを選んでしまうのは何かが間違っているので、そのときは、一旦立ち止って銘柄選びを勉強しなおします。

とにかく利益が出たら確定です。

為替も同じです。

FX投資でも利益が出たら利益確定します。FXの場合は時間を決めます。

たとえば22時から24時の間でトレードを終了させます。その間で取れる利益を確保します。

損切りも同じで、3千円損したら損切るとかを決めます。トータルでプラスになっていれば良いのです。

目的はフロー改善です。

この考え方、年金が当てにならない中で、いつまでも給与を得る仕事ができないかもしれないとしたときに、短期投資を理解して収入アップにつなげることを学ぶことは、大事な人生の武器になると思います。

何億も稼ぐのではなく、毎月数万円を取りに行くのです。

それが資産というダムにたまって、そのたまった資金を長期運用して億という財産に育てるイメージを持ちましょう…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA