資産運用|資産運用セミナー・資産運用アドバイス・老後資金準備

資産運用|老後資金準備セミナー・ライフプランセミナー・老後資金準備は FSP へご相談ください

FrontPage

リスクの軽減方法

 前述の「リスクの正体」を知って、それを回避する行動をとることを考えることで「分散投資」が理解できます。

【運用先の分散の考え方】

    <リスク>          <回避方法例>
信用(倒産債務不履行)リスク   → 金融機関の分散
価格変動(資産価値の減少)リスク → 違う業種の銘柄に投資
金利変動(債権価格変動)リスク  → 違う値動きをする物に分けて投資 
為替レート変動リスク       → 輸出型と輸入型の企業に分けて投資

「分散投資」は平均点を少し上回るものです

 「分散投資」とは平均点を少し上回るための手段とも言えます。つまり、大きなリターンを得るのではなく、平均点取り少し上を求める感じです。大きく儲けるには「ハイリスク・ハイリターン」の商品への一点集中がよいでしょう。ただし、大きく利益を得るチャンスもありますが、同時に全財産を無くす危険性もあります。まさに“一か八か”、これは博打(投機)です。「分散投資」はあくまでも「リスクの分散」が目的です。

【分散の方法】

①投資対象の分散(分散投資)
②投資時間の分散(ドルコスト平均法)
③投資期間の分散

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional