将来不安を解決するための投資・資産運用に関する情報サイト

住宅ローン相談

FrontPage

住宅購入資金、住宅ローン借り換え

ライフプランにおいての大きなイベントの一つに「住宅購入」があります。
おそらく、何千万円もの大きな買い物は「住宅購入」時という方がほとんどでしょう。また多くの人は、金融機関を通じて、長期にわたってのローンを組んで購入されると思います。それ故に、ローン選びは慎重に慎重を重ねる事になります。まずは「住宅ローン」の仕組みを知って、金融機関の立場、不動産会社の立場を客観的に把握し、その中で、どういう種類のローンを、どこのローンを組んだらよいかを検討しましょう。
また、返済が長期にわたりますから、借入時の経済状況が、必ずどこかの時点では変わってきます。そのときにもあわてず、損をしない行動がとれるように、今から準備しておくことが大事です。

住宅購入資金、住宅ローン借り換えについて皆様から寄せられるよくあるご質問

○どんなローンを組めばよいのですか…
○今のローンを借り換えたほうがよいですか…
○マンションと一戸建て、どっちがお得…
○マイホーム派と賃貸派、どちらに軍配は上がる…
○信頼できる不動産会社の見分け方は…
○頭金はいくら用意した方が良いですか…
○頭金の準備の仕方は…
○頭金は無くてもローンは組めますか…
○マイホーム購入時に用意する諸経費はいくら…
○どの銀行のローンが有利ですか …
○民間のローンと公庫ローンとの組み合わせはどうすればよいですか…
○金利と住宅ローンとの関係は…
○ボーナス返済や返済期間はどう考えればよいですか…
○不動産会社で勧められる銀行のローンでよいのでしょうか…
○変動金利と固定金利、どちらを選べばよいですか…
○繰り上げ返済は有効でしょうか…
○つなぎ融資ってなんですか…
○夫婦別々にローンを組んだ方が良いのですか…
○住宅の名義は夫婦別々の方が有利ですか…
○銀行が勧める火災保険に入らないとダメですか…
○今のローンを借り換えたいのですが、どうすればよいでしょうか…
○今のローンを借り換えた方が得ですか、それとも今のままの方が得ですか…
○繰り上げ返済をするための資金を捻出するのに良い方法はありますか…
○今の年収で住宅を買うことは可能でしょうか…
○住宅購入にともないライフプランを見直したいのですが…
○住宅ローンを払いながら教育資金・年金資金を準備する方法は…
○ローン設定後、返済が厳しくなった場合どうすればよいですか…
○今は共働きですが、子供ができて、夫の稼ぎだけになっても返済は大丈夫…
○退職金でローン残債を一括返済するのは有効ですか…

住宅ローンの仕組みを知ろう

毎月の返済額 - 借入利息 = 元本返済

 毎月の返済額から、先に銀行利息が充当され、残った額でやっと返済元本に充当されます。金利が高いということは、この「借入利息」が多くなるので、元本の減りが遅くなります。

住宅ローンの金利タイプを知ろう

 住宅ローンの金利タイプには、完済までの適用金利が決まっている固定金利型と年2回適用金利が変動する変動金利型があります。3年、5年、など一定期間は適用金利が固定される固定金利選択型もあります。これらの金利タイプの選択は、取り扱う金融機関によって異なってきます。

固定金利(フラット35)

変動金利

固定変動選択型

住宅を購入してからが大事

 住宅購入時はライフプランを見直す絶好のチャンス!家計の収支バランスを改善することで、繰上返済の原資捻出、ローンを返済しながらの教育資金準備、老後準備などの対策をします。生命保険を見直すチャンスでもあります。

住宅ローンの借り換えの効果を検討

 金利の高いときの住宅ローンを借り換えた方が良いのか、どのように借り換えればよいのかを検討します。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional