資産運用|資産運用セミナー・資産運用アドバイス・老後資金準備

資産運用|老後資金準備セミナー・ライフプランセミナー・老後資金準備は FSP へご相談ください

FrontPage

出生数、初の100万人割れへ

厚生労働省が近く公表する2016年の人口動態統計年間推計で、同年に生まれた赤ちゃんの数(出生数)が98万1000人と推計されることがわかりました。

前年の100万5677人(確定数)から2万人以上減りました。出生数が100万人を割り込むのは、統計を取り始めた1899年以降、初めてです。

少子化に歯止めがかからない状況を改めて浮き彫りにしている。

人口動態統計の年間推計は、出生数や死亡数などについて1~10月の増減率などを基に、11、12月分を予測して算出しています。

出生数が減少している背景には、第2次ベビーブーム世代(1971~1974年生まれ)の女性が40歳代半ばにさしかかったことや、平均的な初婚年齢が上昇していることがあるとのことです。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional