将来不安を解決するための投資・資産運用に関する情報サイト

受取時

受取時

「出口」は受取時

老齢給付金として受け取る場合、受け取り方で税金は異なります。

年金受取・・・雑所得として課税されますが、公的年金等控除が適用されます。
一時金受取・・・退職所得として扱われます。

障害給付金として受け取る場合は、全額非課税となります。

死亡一時金の場合は「みなし相続財産」として相続税がかかります。

退職所得控除

退職所得の金額は、次のように計算します。
(収入金額(源泉徴収される前の金額) - 退職所得控除額) × 1 / 2 = 退職所得の金額

この税金がかからない退職所得控除の計算の仕方は
    勤務期間20年までは1年につき40万円
    勤務期間が20年を超えた分は1年につき70万円
控除されます。

たとえば勤続30年で退職した場合、
    20年 × 40万円 + (30年 - 20年) × 70万円 = 1,500万円
魔では税金がかからないということになります。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional