資産運用|資産運用セミナー・資産運用アドバイス・老後資金準備

資産運用|老後資金準備セミナー・ライフプランセミナー・老後資金準備は FSP へご相談ください

「経済・マーケット」の部屋

日本円は安全・安心通貨だから買われるわけではない...

画像の説明

ドルは決済通貨です。

つまり世界の商取引はドルでなされているというところが、ドルにとってはとても重要なのです。

原油も金(GOLD)もドルで取引されていますよね。

安全・安心通貨の話のまえに、「日本は経常黒字国」だということに注目してみましょう。

いままでは急激な円安に加え、原発がとまっていることで、エネルギーの輸入量が増えて、経常赤字になっていました。

しかし昨今の原油安で、この経常赤字額が激減しているのです。

経常赤字ということは、輸入が輸出よりも多いわけで、支払いのほうが多くなります。

海外決済はドルですから、円を売ってドルに換えて支払います。日本円から見れば円安になります。

株も為替もそうですが、価格は需給のバランスで決まります。買う人が多ければ上がり、売り人が多ければ下がります。

投資においては、日本の機関投資家や個人投資家、外国人投資家が売ったり買ったりしていて、そのバランスでマーケットは決まりますが、意外と平均してみればフラットになるということがあります。

しかし、貿易における動きは、一方通行と言えます。日本円から見れば、貿易赤字なら円売り、貿易黒字なら円買いです。

あくまでも商行為におけることなので、投資のように相手があっての投機的なやり取りではありません。

この貿易収支は、無視できないことかと思います。

さて日本円が安全通貨と呼ばれるゆえんは、リスク・オフの時に買われる通貨だからかと思います。

この現象を安全通貨だからと切り捨てるのではなく、もうちょっと丁寧に見ていきましょう。

為替投資は金利差を取りに行くことなので、低金利通貨を売って高金利通貨を買うのが基本です。

慢性の低金利状態の円は常に売られるポジションにあるのです。

慢性の低金利状態では、日本円は実に調達し安い通貨といえます。日本で低金利でお金を借りて、その円を売って高金利通貨を買います。

これが円キャリートレードです。日本がキャッシュディスペンサーになっているのです。

さらに、アベノミクス初動のころ、黒田総裁がインフレにするといった瞬間、円は売られました。

このころから、海外投資家は大量の円売りポジションを持っているわけです。

海外投資家は、アベノミクス初動に、大量の日本株を買っていたので、世界がリスクオフになった時に、持っているポジションを手仕舞い、現金に換えるために日本株を売りました。

世界中で日本株だけが下落した要因と言われています。

サウジアラビアを中心としたオイルマネーが、原油価格下落に伴い、大量に日本株を売ったことで、日本株が大きく下落したわけです。

これと同じ動きが為替でも見られるのです。

海外の大きなファンド勢は、日ごろから資金調達通貨として、低金利の円を仕入れて売って、高金利通貨である外貨を買っているわけで、常に円売りポジションは膨らんだ状態にあります。

これがリスクオフ状態になると危険ですから、ポジションを手仕舞う行動に出ます。

危ない時にはどこにも投資をしない、現金で持っておこうと思うのは我々と同じです。

ポジションを手仕舞うということは、円売りポジションを解消することですから、高金利通貨を売って円を買い戻すという動きが見られるわけです。

そしてそのまま日本円でもっておいて、次のときに外貨を買うチャンスをうかがうわけです。

外資系企業は日本に根付いて相当の年月が経っています。日本国内で十分に日本円を調達することはできます。

今ある日本円を担保にしてお金を調達することもできます。それでレバレッジをかけえて外貨を買うことができます。

この状況で、マーケットが下落したら、日本円の担保価値が下がりますので、日本円を買い増すことをしなければなりません。

世界中がリスク・オフでリスク資産が目減りしたら、担保である日本円を買う必要があります。円高になりますね。

これが、リスク・オフのときの円買いに繋がるのです。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional