将来不安を解決するための投資・資産運用に関する情報サイト

生命保険相談

FrontPage

生命保険、生命保険の見直し、病気になった時

そもそも生命保険の役割は、家計の中心者(家庭にお金を運んでくれる人)に万が一のことがあった場合、残された者が経済的に困らないようにすることです。別のところからお金を運んでくる仕組みを作ることです。従って、他にお金を運んでくれるところがあれば、あえて、費用をかけて生命保険契約を結ばなくても良いのです。
例えば、ご主人に万が一の事があった場合
(1)国がお金を準備してくれる(遺族年金等)
(2)会社がお金を準備してくれる(弔慰金規定)
(3)それまでの貯蓄で賄う(現預金)
それでも、足らない場合、生命保険で準備します。ここで、共済制度、簡易保険、民間の生命保険会社など、商品の内容や保険料を比較し、どれが一番“効率的”かを判断します。ここで言う“効率的”とは、“少ない保険料(経費)で最大限の効果(万が一の準備)を得られる”ことです。お金(経費)を掛けるのに値する商品を選択します。
また、最低必要保障額はいくらかも、それぞれの家庭環境や、今後のライフプランのあり方で変わってきます。一人一人の事情にあわせて考える必要があります。
「支払い無くして保障無し」大きな保障を得るにはそれなりの支払いが必要です。生命保険が現金となるのは、被保険者の死亡時、解約時(解約返戻金のあるもの)、満期時(満期金のあるもの)だけです。家計において保険料は「経費」です。

生命保険、病気になった時ついて皆様から寄せられるよくあるご質問

○死亡保障はいくらあればいいのですか…
○保険料の安い生命保険はどれですか…
○現在加入の生命保険の保険料を、今より安くできますか…
○今の死亡保障で十分でしょうか…
○どの特約が必要で、どの特約が必要でないかを教えて欲しい…
○入院のときの保障はいくら必要ですか…
○入院保険の特約の内容を教えて欲しい…
○貯蓄型の保険と掛け捨ての保険、どっちが得ですか…
○今の保険は解約した方がよいですか、継続した方がよいですか…
○変額保険の仕組みを教えて欲しい…
○ユニバーサル保険について教えて欲しい…
○アカウント型保険の仕組みを教えて欲しい…
○変額個人年金保険(投資型年金保険)について教えて欲しい…
○外貨建ての保険について教えて欲しい…
○自動車保険の保険料が一番安いところは、また、保険会社の事故対応について…
○今まで何も考えなかった火災保険について、安くなりますか…

保険の見直し

 病気やケガ、万一に備えた保険。万一の事故や病気に備えることはとても大切なことです。でも保険会社や保険の種類が多すぎてよくわからない!知り合いの保険営業担当者に勧められて毎月なんとなく保険料を払っていませんか?ファイナンシャルプランナーは、第三者的な立場からあなたの生命保険・損害保険などの保険契約の現状を把握し、保障内容や保険種類を見直し、毎月の家計支出に対する保険料負担を依り効率的なものにし、安心の保障を手に入れるお手伝いを致します。

生命保険の誤解

「せめて葬式代分の終身保険に入っておこう」葬式代は約350万円

→若いうちは貯蓄がないので保険が必要ですが、子供が独立する年代だと350万円の現金はあるでしょう。

「お守りの意味で入院保険は入っておいた方が良い」

→入院保険に入ったからといって病気にならないわけではない。自営業の方だとなるべく早く退院したいと思うもの。実際、長期入院って何日ぐらい?
 

生命保険の格言

“支払い無くして保障なし”

→保険料を多く払えば、保障も多く買えます。様々な特約や多くの保障が必要ならそれだけ支払いも必要です。
 

生命保険にしかできないこと

若年層の預貯金がない時代の死亡保障による現金確保     
ガン診断給付金:物事が起こる前にお金が受け取れるシステム 
終身年金:生きている間年金が貰えるシステム

これ以外は生命保険でなくてもできる。
 

保障と貯蓄は分けて考えましょう

掛捨ての保険は損ではない・・・生命保険での効率的な貯蓄とは?

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional