資産運用|資産運用セミナー・資産運用アドバイス・老後資金準備

資産運用|老後資金準備セミナー・ライフプランセミナー・老後資金準備は FSP へご相談ください

「投資の考え方」の部屋

貯蓄と投資の違いを考えよう

画像の説明

投資と貯蓄、本来比べること自体がナンセンスなものです。貯蓄と投資はその役目が異なるもので、同じ土俵で語るものではありません。銀行と証券会社とでは、役目は全然違います。

「銀行の金利が低いから投資」は失敗のもとです。

銀行は決済を行うところです。毎月の電気代引き落としなど、日々生活の上での支払いを行うところです。証券会社は、まさしくお金を殖やす目的で利用するところです。銀行と証券会社の収益構造も違いますし、そもそも銀行はお金を殖やすところではありません。

これを同列に語ること、銀行に預けていてもお金が増えないので投資をしようという考えは間違っています。投資をする理由として、銀行預金金利が低いことを理由にしてはいけません。そういう理由で投資と向き合うと、たいていの場合、失敗することが多いです。ここはとても重要なところです。

もう少し数字を駆使して、貯蓄と投資を考えてみましょう。

貯蓄は、目的のための資金準備という意味合いが強いですね。「貯蓄」のイメージは「積み上げる」というもので、積木を重ねて高くすることを想像してください。積木の大きさで積み上がるスピードは異なります。毎月1万円貯蓄と10万円貯蓄では、明らかに貯蓄できる額は違ってきますよね。

銀行預金には利息がつきます。これは結果的に利息が付くだけで、積極的に利息を付与するものではありません。銀行は、皆さんから預かった預金を、企業融資や住宅ローンなどでの貸付金利(借りた側は借入金利)が大きな収入源です。そこから、銀行従業員の給料やシステム代、建物維持などの経費を除いて残った分を預金者に還元します。それが預金金利と言われるものです。

普通預金は、いつでも自由に引き出し可能で、それは、銀行にとっては使い勝手が悪いものですが、定期預金は、決まった年数は引き出さないもので、銀行にとっては使い勝手がいいと言えます。それゆえ、普通預金よりも定期預金の方が、預金金利を高めに設定しているのです。

一方、投資は積極的に利息を取りに行きます。投資は「増やす」ではなく「殖やす」です。投じた資金の成長を期待します。投資金額の多い少ないは、もちろん影響はありますが、基本的には投資は、少ない元手で大きな利息を生む手法と言っていいでしょう。

銀行の利息は、貸出業務の結果生まれるもので、投資における収益、たとえば100万円投資して120万円になった時の20万円は、積極的に取りに行くものです。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional