資産運用|将来不安を解決するための資産運用に関する情報サイト

「投資の考え方」の部屋|初めての資産運用・将来不安の解決・老後資金準備は FSP へご相談ください

過去のコラム

格差社会を考える

トマ・ピケティというフランスの経済学者の本が話題を集めました。「21世紀の資本(Le Capital)」で、世界的規模での格差の是正がテーマとなっています。かなり分厚い本で、論点を解説している本も出ています。

格差をどう捉えるか、不公平と感じる人もいれば、努力の結果の差と感じる人もいます。

ただ、今後の私達の行動によっては格差を肯定的に捉えることもできます。また、ものごとの考え方、とらえ方次第では、格差を受入れることもできます。

格差で、最初に思い浮かべるのが「資産の格差」でしょう。資産を最初から持っている人と持っていない人、これは最初から格差は生じています。一般的には地主さんのような土地を持っている人とそうでない人というイメージですね。

投資などで形成された資産は努力の結果です。これはリスクを取った人とそうでない人の間に、資産格差が生じるのは仕方がありません。リスクを取った分、マーケットからご褒美をもらったと解釈すべきでしょうね。

この資産格差は、私達が今後、いかにリスクと向き合うか、運用と向き合うかで大きく変わってきます。当然努力は必要です。

別の格差もあります。賃金の格差です。これは働き方によるもので、付加価値を高める労働賃金は高く、単純労働ほど賃金は低くなってきます。機械化がすすみ、生産工程でオートメーション化やロボットかが進む中で、人間でなければならないものをうち出せる労働にはそれ相応の対価が支払われるというものです。

労働現場にも競争の原理が働きます。TPPによる海外労働者の流入により、安い賃金労働者と競争される触手は、賃金は低くなります。

より高い賃金を求めるには、自分の価値を高めなければなりません。そこに努力した人と努力しなかった人の間に格差が生じることは受入れなければなりません。

老後の格差もあります。これらの資産形成、仕事への向上心の有無により得る賃金格差の結果、老後生活がどうなるか、そこまでに至る行動や考え方で異なるものです。

今の年金制度が未来永劫、本当に安心と言えるのかどうか、老後のための別の準備をしていたのかどうかで、老後生活の格差は生じます。

つまり、多くの格差は、自らの行動や考え方で、受入れられるようになるのです。

ただどうしようもない格差もあります。医療の格差です。自由診療枠が拡大すれば、お金を持っている人と持っていない人の間では治療の質が変わってきます。医療現場に資本主義の論理が導入されるのです。

これは私達ではどうしようもできません。そのためにお金を持っているか持っていないか、それだけです。

最後に「知識の格差」です。勉強し知識を得ようと努力している人とそうでない人、これからの世の中を生きていく上で大きな格差が生じるでしょう。

格差は「ねたみ」で理解してはいけません。格差を受入れる、前向きに取り組む姿勢が大事と言えます…

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional