資産運用|将来不安を解決するための資産運用に関する情報サイト

「投資の考え方」の部屋|初めての資産運用・将来不安の解決・老後資金準備は FSP へご相談ください

過去のコラム

投資は必要だという強い意思がなければ投資は成功しない…

投資をやらないという人の理由の多くは、面倒、難しい、お金がない、やったことがない…などなどです。

これらの投資をやらない理由をいくつも並べられる人は、恐らく、これらのことが解決され、たとえ投資ができる環境にあったとしても、投資はやらないでしょう。

それでも人に言われて、投資は必要と思って始めても、一度でも目減りさせると「自分には投資は向いていない」と、二度と投資の世界には戻ってこなくなるでしょうね。

投資で重要なのは、実はこの「入り口」なのです。

投資で成功するのに必要なことは「継続」です。どんなに負けても、たとえ資産が目減りしても、その先を信じて投資を続けることです。その強い意志を持つことがとても重要なのです。

投資は決して簡単なものではありません。相当の覚悟が必要です。いま、投資に対するハードルを低くする風潮にありますが、それは間違いです。投資は相当の思い、心のそこから投資が必要と思わないと、決して長続きはしません。

「塩漬け」という言葉を聞いたことがあるでしょう。ある株を買ったはいいが、ずっと値が下がり、ここまで一度もプラス圏に浮上して来ないまま、放置されたものを「塩漬け」かぶと言っています。

株を買っていることすら忘れたいという衝動を「塩漬け」と表現しているのかもしれません。

人はお金が1円でも無くなるのを心のそこから嫌うのです。

プロスペクト理論というものがあります。100万円儲けたときの感覚と100万円損をしたときの感覚は違うというものです。

100万円儲けたときの満足度は実は意外に小さく、「たった100万円」という感情になるそうです。いくら儲ければ満足感が得られるのかは人それぞれでしょうが、たとえば、500万円儲けると「やった」と思うのでしょうかね。

ようは儲けに対しては、少額だとあまり興奮を覚えず、額が増えれば増えるほど満足度が増すのです。

一方、損失はこの逆で、100万円どころか50万円でも10万円でも損失を抱えれば、その落胆は大きく、後悔の念が強くなります。

ところが、損失額が増えれば増えるほど失望感が増し、戦意喪失、もう怒りも通り越し、ほとんど何も感じなくなっていくのです。

そうなると、投資をしていること「忘れたい」と思うのです。完全に現実逃避です。

これが「塩漬け」の原理とも言えるでしょう。

プロスペクト理論と呼ばれる、投資に対する感情は、このようになっています。

投資を行う際には、この感情を克服しなければならないのです。かなりのメンタルの強さが必要です。

投資で成功している人は、全員が全員、メンタルが強いといえます。具体的には損失を受け入れる強さです。「損失の許容」ですね。

これは意識して強くする以外に方法はありません。

まずは、投資をすることの必要性を強く感じることです。未来を切り開くのは投資以外には考えられないぐらいの、強い思いが必要です。投資をしなければ絶対にだめなんだという強い意志が必要です。

多少の損失でやめるわけにはいかない、これをやり続ける以外に方法はないという、追い込みではないですが開き直りにも似た感覚は必要でしょう。

少額で始める方法もありますが、投資金額の多寡ではメンタルは克服できません。少額でも損はいやでしょう。いやなものはいやですからね。

まずは、投資は必要だと、強く思うことです。そこからスタートです…

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional