資産運用|将来不安を解決するための資産運用に関する情報サイト

「投資の考え方」の部屋|初めての資産運用・将来不安の解決・老後資金準備は FSP へご相談ください

過去のコラム

住宅購入後の家計の見直し

 住宅ローンに関する相談で多いのは「今の年収で住宅は買えるのか」「どのローンを選べばよいのか」に加え、「将来の返済額が増えるのが不安」「住宅を買っても払っていけるのか?」というものです。返済額アップに備える手段として「繰り上げ返済」が有効であるのはわかりますが、そのための原資をどこから調達するのか、また、固定変動型を利用していて、固定期間が終わったときはどうすればよいのかも心配になります。ローンの借り換えも必要かも? 住宅購入時は、ライフプランを見直し、家計をチェックする良い機会です。
 なぜ、大きなローンを組んでまで住宅を購入するのか?それは、老後の家計のキャッシュフローの中から住宅費を無くすこと、つまり、老後における住宅費負担を無くすため…。老後のために行っている個人年金保険、月々1万円ずつの積立が、将来、いくらになって返ってくるのか、住宅ローン返済と個人年金保険積立、同じ目的を同時に行っているのですが、より効果的なのはどちらなのか。ローン返済のためにあくせく働いているのではありませんよね。
 日本初のデフレ時代、低金利時代において、今までにない家計の見直しが必要となってきています。子供の教育費も必要です。今一度、家計の「IN」と「OUT」の修正を行いましょう。ポイントは
   × 収入 - 経費 = 貯蓄
   ○ 収入 - 貯蓄 = 使えるお金

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional